オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2017.04.02 [Sun] + Art/Design +
山種コレクション名品選Ⅳ『日本画の教科書 東京編』

山種美術館で開催中の【開館50周年記念特別展】山種コレクション名品選Ⅳ『日本画の教科書 東京編』に行ってきました。その感動が冷めないうちに、特に印象的だったものを挙げていこうと思います。



tgdn_title.jpg


今回出品の作品は、すべて山種美術館所蔵となります。


注:会場内の画像は主催者の許可を得て撮影しています。



■ 第1章 近代の東京画壇


明治時代に入り、西洋文化の影響が押し寄せてくる中、画家たちは日本画のあり様を模索していきます。東京美術学校では、岡倉天心の指導のもと、横山大観、菱田春草、下村観山らが伝統的な古典絵画を土台にしつつ、西洋画に対抗しうる新たな日本画の表現の研究を重ねていきました。

そんな中、大観や春草らがたどり着いたのは、輪郭線を描かずぼかしによって大気や光、水の表現を試みる、いわゆる朦朧体です。



tgdn_sa.jpg
菱田春草 「月四題」《春》部分 1909-10


夜にまぎれて個々の輪郭線を失ってゆく桜。春特有の曖昧さをまとう朧月。当時の評論家たちからは酷評された朦朧体ですが、その見事な描写は、春の夜のしっとりとした空気までありありと伝えてくれます。花の白い輝きは、月明かりに照らされたからでしょうか、それともいままさに咲かんとする花の力強さの表れなのでしょうか。


tgdn_bu.jpg
菱田春草 「月四題」《秋》 部分 1909-10


たわわに実をつける葡萄の瑞瑞しさとパリッとした秋の月。さきほどの《春》と比べると、その空気感はまったく異なります。絶妙な葉の濃淡も美しく、その葉の陰影がまた、月の明るさを教えてくれるのです。




tgdn_matu.jpg
下村観山《老松白藤》1921


『枕草子』の「めでたきもの(=素晴らしいもの)」にある「色合ひ深く、花房長く咲きたる藤の花、松にかかりたる」という一節が思い出されました。

大胆に切り取られた、画面いっぱいはみ出さんばかりに枝を伸ばす松。対照的に、絡む藤は優雅で繊細に描かれています。古来、松は男性、藤は女性の象徴として古典や日本画にしばしば登場します。とすれば、この《老松白藤》は、長年連れ添い、慈しみあう老夫婦といったところでしょうか。お互いがお互いに寄り添う様な安定感がここち良い。



tgd01gyoshu1.jpg
速水御舟 「昆虫二題」《粧蛾舞戯》1926

tgd02gyoshu2.jpg
速水御舟 「昆虫二題」《葉蔭魔手》1926


自在に飛び回る蛾と待ちつづける蜘蛛。静と動。照らす朱の光と巣の静かなきらめき。見るほどに対照的なこの二作は、当時からそれぞれ陰と陽を表しているといわれていました。

しかしながら《粧蛾舞戯》をずっと見ていると、天をかけのぼるように無邪気に舞遊ぶ蛾たちと思えていたのが一転、それらは妖しい光に魅入られひきよせられていく姿のようにも感じられてくるのです。さながら身を焦がすことになるとも知らず誘蛾灯に飛びこむ虫たちのように。不思議。

なんだかとても想像をかきたてられる一枚だったな。



tgdn_siki.jpg
荒木十畝「四季花鳥」1917
《春(華陰鳥語)》《夏(玉樹芳艸)》《秋(林梢文錦)》《冬(山澗雪霽)》


琳派を連想させるような画面構成と、圧倒的な華やかさ、鮮やかでいきいきとした賑わい。とても好きな作品です。

そのいきいきとした賑わいとは、言うなれば、"これは描かれたのではなく、実は壁の向こうにこのような光景が広がっていて、自分はたんに四角い枠から覗き込んでいるだけなのだ"と思えるほどで。うーん、あの体感をうまく言葉にできない自分がもどかしい。



tgdn_fuji.jpg
横山大観《心神》1952


雲海を突き抜けてそそり立つ富士の姿。強い意思さえ感じられるその佇まい。墨と、わずかに金泥のみを使って描かれているのにも関わらず、見る者にこれだけの鋭い印象を与えるのはさすがです。

ときに、なぜタイトルが《心神》なのか。答えは大観のことばの中にありました。

古い本に富士を「心神」とよんでいる。心神とは魂のことだが、私の富士観といったものも、つまりはこの言葉に言いつくされている。…富士を描くということは、富士にうつる自分の心を描くことだ。心とは、ひっきょう人格にほかならぬ。それはまた気品であり、気はくである。富士を描くということは、つまり己を描くことである。
ーーー「私の富士観」朝日新聞1954年5月6日(キャプションより)


生涯にわたり1500点もの富士の絵を描き続けた大観ですが、このことばは実に"らしい"なと。


ここで、この作品にまつわる興味深いエピソードを一つ。

創立者である初代館長の山崎種二氏は、戦前・戦後を通して同時代の画家たちを支援し、直接交流をはかりながらコレクションを築いていきました。そんな中で、大観の「世の中のためになることをやったらどうか」という言葉が後押しとなり、美術館開設へとつながったというのです。そして、大観は大事に自身の手元に置いていたこの絵を、「美術館をつくるのであれば譲りましょう」とも。

つまり山種美術館にとって、《心神》ははじまりとも言える特別な作品なんですね。



スポンサーサイト

// no tags

| 10:26 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP |


03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。