オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2011.10.12 [Wed] + ツブヤク。 +
ギュスターヴ・モロー 《ヴェニス》

モローが描いたサン・マルコのライオン。


gustave-moreau-venice.jpg
 ギュスターヴ・モロー 《ヴェニス》 1885 水彩


ひたすら美しい。
水彩ならではみずみずしさと、モローの幻想的な作風が相まって
限りなく透明に近いブルーに溺れてしまいそうだ。



海は空に恋をした

だけど遠すぎる距離ゆえに
叶うはずもなく

ならばせめて色だけでもと
その体を青に染めたのだ




昔 どこかで目にした一小節。



そこに、描かれていない空と海の蒼さを
想像しつつ目をとじる。




Fall in blue.

スポンサーサイト

| 15:00 | trackback 0* | comment 4* |


2011.10.11 [Tue] + Art/Design +
世界遺産 ヴェネツィア展 3 ピエトロ・ロンギと仮面の人物

さて、会場も半ばを過ぎた頃、多くの仮面をつけた人物が登場する、なんとも奇妙でおもしろい作品群と出会うだろう。それらの多くははたったひとりの画家の絵描く風俗風刺を積極的に取り入れ模倣していったものに過ぎない。当時、その啓蒙的な視点による風俗画としての世界観はヴェネツィアのみならず当時の欧州の中でも特筆に値する。ーーーピエトロ・ロンギである。


■ ピエトロ・ロンギ Pietro Longhi
18世紀ヴェネツィアで活躍した風俗画家。ヴェネツィアを中心とする当時の貴族社会や生活、労働者たちを鋭い観察眼で見つめ、優雅で穏やかな描写の中に軽妙な風刺を織り交ぜながら風俗画として表現。画業の初期には宗教画や歴史画、大規模な装飾画なども手がけていたが、1735年頃から風俗画も手がけだし、1740年代初頭には小画面構成による独自の風俗画様式を確立した。
[Salvastyle > ピエトロ・ロンギ]




■ ヴェネツィアの仮面(マスケラ)

ヴェネツィアに仮面といったら、世界三大カーニバルのひとつ、ヴェネツィアのカーニバル!このカーニバルは「謝肉祭」と訳されるもので、復活祭前の一週間に行われる断食期間「四旬節」の前に催されたもの。カソリックの世界では広く知られた行事だった。

しかしことヴェネツィアにおいて、いつしか人々は仮面とマントで素性を隠すようになり、身分や貧富の差を超えたお祭り騒ぎの風習へと化していく。やがて人々はカーニバル以外の祭りや、賭博場と社交場を兼ねた《リドット》、はては年がら年中遊びに行くときには仮面をつけるようになっていった。


Pietro_Longhi_Perfume_Seller.jpg
《香水売り》 1756
ヴェネツィアの仮面と聞いて連想される、豪華な刺繍や装飾が施された仮面はあくまでも祝祭の仮装用。日常では作品中の人物がつけている二種類の仮面、顔の上半分を隠す白い仮面《バウタ》と顔の真ん中に小さくつける黒い仮面《モレッタ》が用いられていた。



ーーーと、ここまでが一般的なヴェネツィアの仮面に関する知識。
しかし、ここでさらに一歩踏み込むと、また知られざるヴェネツィアのもうひとつの顔が見えてくる。



// no tags

| 18:09 | trackback 2* | comment 1* |


| TOP |


09 ≪│2011/10│≫ 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。