オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2009.02.27 [Fri] + Days +
睦月の花見

寒い寒いと思っていたら

上空では雪が降っていて
地上付近でみぞれになっているのかあ。
手がかじかむわけだ


それにしてもいくら都会とはいえ、
明らかに年間降雪量はへったよね。
群馬では山間部の湖面に氷が張らず、
ワカサギ釣り客をあてにしていた観光業者は
軒並み頭を抱えているみたい。

いわゆる「大気が不安定」になりやすくなり
長期的天気予測が立てずらくなってきた昨今、
第一次産業、第三次産業に従事する方々も
その日の朝の空を見上げて一喜一憂する、
なんてことも増えたのではないでしょうか。


動物園では
檻越しにトラが降ってくる雪を不思議そうにながめていたり
凍えるミニブタたちはストーブ前に固まって微動だにせず
あざらしは即席の温水プールを用意してもらい
温泉気分で気持ち良さそうに手ぬぐいを頭に載せていました。

こどもたちは
「動物たちみんなさむそーかわいそー」
「でもね、でもね、ペンギンさんはさむくなさそーだよ!」
と一生懸命ペンギンを指差しながらしゃべっていて
とてもかわゆかった(*´Д`)キュン



スポンサーサイト

// no tags

| 18:36 | trackback 0* | comment 0* |


2009.02.26 [Thu] + Days +
好みのタイプ=狼型ロボット

昔から動物や自然が好きな私にとって
シートン動物記・ファーブル昆虫記、ドリトル先生シリーズはバイブルだ。

今よくよく振り返って考えてみると、
私の好きな男の人のタイプを決定づけたのは
シートン動物記の代表作『狼王ロボ』

ずばぬけた知能とカリスマ性をもつ群れのリーダー狼で
その気高さ・強さは狼退治を依頼されたシートンにさえ敬意を払わせるほど。

仲間とも一定の距離を置く孤高の狼王ロボにも
唯一心を許しそばに近づくことを許した存在がいた。
それが美しい純白の毛皮に包まれたメス狼のブランカ。

いつもそばに寄り添いあい、深く愛を育んでいたロボとブランカ。
人間たちの手にブランカが落ちたとき、
どんなときも冷静沈着だったロボは驚きと悲しみで怒り狂い
ブランカを救うために待ち受ける罠へ自ら飛び込んでいき・・・。


一匹狼で賢く気高く仲間にはやさしく厳しく
群れの秩序を重んじる、美学とリーダーシップを兼ね添えた存在。
決して周囲に媚びることなく、一生かけて相手を深く愛し、
漢の戦いのとき以外は常に仲むつまじく隣に寄り添う。

小学校中学年で狼王ロボという稀有な存在の生き様にしびれて以来、
このイメージが自分のど真ん中にある。



// no tags

| 01:49 | trackback 0* | comment 0* |


2009.02.26 [Thu] + Days +
ディナーの乾杯は「BIANCO RUGOLI 2007」で

アンジェラ・アキさんのやさしい歌声を聴いて
「手紙」の詞にぽろぽろと涙がこぼれていった。
今日という日に様々な想いが交差して
いま 聴けてよかった と心から思う。

ひとしきり泣いて涙もおさまった後、
だーりんことVINO DELLA PACEへ。


"Auguri di Buon compleanno.(お誕生日おめでとう!)"


20090225234648s.jpg

Light the candles on birthday cake

"Make a wish and blow out the candles!"

"What was your wish?"

"Secret!"


「吹きかけた息で金箔が飛んじゃうから、吹き消したあとで載せましょうね」と
吹き消した後いそいそとケーキを厨房に運ぶ内藤さんに惚れそうでした。笑
いつも細やかな心遣い、ありがとうございますo



20090225234841s.jpg

カラメルでできた大きなハート
よく見えないけれど
すごく繊細な線を重ねて描かれています。


20090226002731s.jpg

見事にペロリとたいらげちゃいました
とってもおいしかったよ。



// no tags

| 01:08 | trackback 0* | comment 0* |


2009.02.25 [Wed] + Days +
こどもの日、ありがとうの日

「誕生日おめでとう」のことばには
どんな魔法がかかってるんだろう


「おめでとう」といわれたとき
胸ではじける甘酸っぱい気持ちは
幼い日に思いがけずいい子だねと
頭をなでられたとき感じた
少し気恥ずかしいような
誇らしいような
あの喜びによく似ていて
なんだかとてもくすぐったい


ひとつ歳を取ったその日に
わたしはしばしば子供にかえる




dsc05110.jpg




// no tags

| 17:25 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP | next >>


01 ≪│2009/02│≫ 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。