オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.08.31 [Sun] + Art/Design +
コローの【光】と【souvenir:想い出】

初めて出会ったときの記憶――・・・。



才気あふれる画家たちの作品が壁一面に並んでいた。
そのひとつひとつの細部を見落とさない程度にゆっくりと進めていた足が、
ある画家の作品の前でピタリととまった。

それまでとは明らかに作品がまとう空気が違う。
憂いと繊細さとあいまいさを帯びた、まるで観る者を包み込むような、、
中でも一枚の絵画がわたしの心を奪っていった。


――こどもの頃から存在を知り、憧れつづけた画家がいる。
――『好きな画家』は多くいるけど、いまでもその三人は特別なんだ。


静寂ただようルーヴル美術館。
耳元でそう囁く声に、あらためて目の前の作品をみつめ直した。



corot_mortefontaine11.jpg
「モルトファンテーヌの想い出」
Souvenir de Mortefontaine (1864).
Musée du Louvre.


恥ずかしながら、その時はカミーユ・コローなる人物について何も知らなかった。
19世紀のフランスにおいて重要な画家で、後の印象派画家にも大きな影響を与えたことも、
この作品がコローの最高傑作と讃えられていることも、
その何とも言えぬ色合いが「コローの銀灰色」と呼ばれ、親しまれていることも、
描かれているのは、コローが生涯愛したヴィル=ダヴレーの森だということも。

何も分からないなりに、
なぜこんなにも心にひっかかるのかと考えた。
何かがわたしの心を捕らえて離さないのだ。




「あ」




大きく右足をひいて
一歩下がる。
そのまま続けて、二歩三歩、、。


なんてふしぎな情景なんだろう、と思った。
慕情さそう穏やかでにじむような世界に、光が見える。


それは、モネが描く光とも
フェルメールが描く光とも異なる、
コローだけの光。


捉えどころのない柔らかなタッチの中、
ところどころに描かれた生命の繊細な輝き。
その絶妙なコントラストは
まるでスポットライトに照らされているかの様にも思える程。

それは、通常の位置からでは気づきにくい、
"間"をとり向き合うことでより鮮明に引き立つ光。


初めて出会ったときから、
わたしにとってコローは『靄(もや)の画家』ではなく、『光の画家』だった。


スポンサーサイト

// no tags

| 20:18 | trackback 0* | comment 0* |


2008.08.31 [Sun] + Days +
好きなもの

――この画家が初めて来日したとき、並んで観て来たんだ。
――これは子供のとき、親と一緒に観に行って感動した作品。


美術鑑賞を共通の趣味に持つ私と恋人は
国内外を問わず、機会を見つけては美術館に足を運ぶ。

そしてお気に入りの作品と再会する度、
いつも嬉しそうに、少し得意気に、私に古い友人を紹介する。

私はニコニコと話を聞いた後、
こんにちは 初めまして、と
スカートの裾を軽くつまんで挨拶をする。


そんな出会いが、大事で愛しい。


// no tags

| 17:48 | trackback 0* | comment 0* |


2008.08.30 [Sat] + Days +
常識を超えてゆく漢

本日は付き添い2日目。
あらかじめ色の濃いサングラスを購入してからクリニックへ。

実はレーシックって手術中はほとんど痛みはなくて
ちょうど帰る頃から麻酔が切れて痛みだすのだ。
で、ふと、痛みが出るのを遅らせる方法があることに気付きまして。
一応医師に問題ないことを確認をした上で、その方法を彼にアドバイスしておいたの。
(体質など個人差があると思うので、具体的なやり方の記述は控えさせて頂きます*)


どうやら読みは当たったらしく、
うちのだーりんこさんは手術を終えても元気元気!
麻酔がきれてくる時間になっても、、

彼「ねえお腹すいた」
私「え」
彼「とりあえずなんか食べにいこーよー」
私「・・・目、大丈夫なん?」
彼「少しヒリヒリするくらい。全然痛くない。それよりはらへったー」


・・・てゆか元気良すぎなんですけど...


さらにお店に向かう途中、大好きな香港のアパレルブランドが日本へ初出店したのを発見し、
「ちょっと見たい!!!」と言い出す始末。

でもね、めちゃくちゃかわいいお店だったよー!!
どれも本当にかわいくて、わたしもチャイナドレスに一目惚れ!
さっそく試着してみたんだけど、わたしに合うサイズはなかった(T○T)
ご機嫌だりんこさんは一点お買いあげー。

私「いい買い物できて良かったねh000・・・てゆか痛みだいじょーぶ?」
彼「うん、全然へーき!」


こっちの方がいつ痛みだすのかとハラハラ気が気でないわ




// no tags

| 23:54 | trackback 0* | comment 0* |


2008.08.29 [Fri] + kotomoの中の人 +
to be

診察室に入ってゆく背中を見送ると、

「必要とされたいの」
「頼ってほしいの」
「弱さを見せてほしいの」「求められたいの」「打ち明けて欲しいの」
「そんな風にあなたの役に立つことが私の幸せ」

ヒロイン気取りのジコマンな台詞が
待合室のディスプレイから流れてきた。



彼にとっての、わたしの存在意義、価値、ねぇ、、
依存とものごとの共有をはき違えられても、ねぇ、、
勝手にコンプレックスを押し付けてきたあげく喚かれても、ねぇ、、


一瞬で興味を失くして、雑誌を広げて読み始めた。





診察室から出てきた人とひとしきり先生とのやりとりを話した後
用意しておいた紙コップを手渡すと、冷たい水を一口、
それからフッと大きく息を吐いた。

「疲れてるんでしょ?少しこっちにもたれて休んでいいよ。呼ばれたら起こしてあげる。」

頷く代わりに肩に頭をのせて目を閉じた。







| 19:16 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP | next >>


07 ≪│2008/08│≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。