オレンジのR+ //
2007.12.26 [Wed] + Days +
サンタクロースがやってきた

たからものが
また一つふえました

名前はまだありません

うれしい
うれしい
ありがとう




ありがとう、
シアワセすぎる。



// no tags

| 22:33 | trackback 0* | comment 4* |


2007.12.26 [Wed] + Days +
【改めて】赤鼻のトナカイ『ルドルフ』に込められた父の願いと祈り

「真っ赤なおっはっな~の~♪」のフレーズでおなじみの赤鼻のトナカイさん。日本ではあまり知られていませんが、このコの名前は「ルドルフ」といいます。1949年に発表された『赤鼻のトナカイ』という曲は、今なお世界中で愛されて続けているクリスマスの定番ソングとなりました。

1822年にニューヨークの神学者クレメント・クラーク・ムーアが病身の子供のために作った詩『聖ニコラウスの訪問』に初めてサンタクロースが登場したとき、そりをひくトナカイは全部で「ダッシャ-」「ダンサー」「プランサー」「ヴィクセン」「コメット」「キューピッド」「ドンダ-」「ブリッツェン」の8頭しかいませんでした。そこに赤鼻のルドルフも加わって現在のよく知られている9頭体制になったのは、それからおよそ100年も後のことです。

クリスマスも目前に迫った1939年12月のある日、シカゴに住むロバート・メイは娘のために即興で物語をつくると読んで聞かせました。それは後に本として出版されるやいなや600万部という大ベストセラー記録を樹立した、赤鼻のトナカイ「ルドルフ」の物語だったのです。

実際にヨンデミル。 >>> [ 赤鼻のトナカイ(大久保ゆう編)]


■ ルドルフの誕生秘話:娘バーバラの“しつもん”

赤鼻のトナカイを語り続けるロバートの胸中には、どうしても娘に伝えたい想いがありました。それは、『たとえ自分がほかの人たちと違っていても、神様に創られた生き物にはいつかきっと奇跡が訪れて幸せになることが出来るんだ』というメッセージ。
なぜなら、ルドルフ誕生の背景にはこんなロバートをとりまく現実があったからです。

詳しくはコチラ。 >>> [ 赤鼻のトナカイ ~ルドルフの秘密~ ]


「ねえ、パパ。私のママはどうしてみんなと同じじゃないの?」という、胸を突くような娘の問いかけ。なんとか娘を励まし喜ばせたいという一心で、自分自身のコンプレックスを赤鼻のルドルフに託して語ってみせた『赤鼻のトナカイ ルドルフ』の物語。それはいつかきっと幸せになれるんだと、幼い娘、病と闘う妻、そして自分自身に言い聞かせるため、、

すてきな歌詞だなぁとは思っていたけれど、まさか『赤鼻のトナカイ』の誕生にこんな背景があるとはまったく想像だにせず。そもそも日本では“サンタクロースのソリをひくトナカイは9頭で名前もある”という部分からかなりあやふやな気がします。

幼い頃のサンタさんのイメージだと大体トナカイは2or4or5頭あたりだったような、、
でも偶数ってことはルドルフがいない=サンタさん道に迷っちゃうぅ、、%82%D1%82%A6%81%5B(→%8E%E8%8F%91%82%AB%95%97%83V%83%8A%81%5B%83Y%82R%82V%83v%83%8C%83%5B%83%93%83gナシ)

あれ、これって自分の家に煙突がないことより重大な問題じゃないかえ?
これからは意識して目を向けてみよーっと☆


rudolph1.jpg
"Rudolf the Red-Nosed Reindeer"
in 1939
挿絵:Denver Gillen



■ パペットアニメーション『ルドルフ 赤鼻のトナカイ』

ルドルフの物語をパペットアニメーションにしたのが『ルドルフ 赤鼻のトナカイ』なのですが、実はアメリカでは1964年の登場以来、40年以上にわたって毎年テレビで放映されるほど大人気な定番作品なのです。

とにかく、
このルドルフがめっっっちゃくちゃかわいいいぃぃぃぃ%83A%83b%83v%83%8D%81%5B%83h%83t%83@%83C%83%8B%8AG%95%B6%8E%9A%96%BC%82%F0%93%FC%97%CD%82%B5%82%C4%82%AD%82%BE%82%B3%82%A2


4988001923091.jpg






// no tags

| 13:03 | trackback 0* | comment 0* |


2007.12.25 [Tue] + Days +
赤鼻のルドルフ

赤鼻のトナカイことルドルフは、
貧乏な一家の父親がなんとか娘を喜ばせようと生み出したキャラクター。

今までサンタクロースのそりをひくトナカイが注目されることはなかったけれど
娘が大好きだったルドルフの絵本を出版するとすぐにベストセラーとなって
ついに赤鼻のトナカイ『ルドルフ』は誰からも愛されるキャラクターになったんだよ!

もちろん貧乏だった父親は二度とお金に困ることなく、愛する娘とシアワセに暮らしたとさ☆


みんなに笑顔と喜びを届けてくれる、赤鼻さん♪
いつでもそっとやさしく照らしてくれてありがとう。

あなたにもたくさんの愛とシアワセが訪れますように。


酔って文おかしいかもごめんなさい。






// no tags

| 21:53 | trackback 0* | comment 0* |


2007.12.25 [Tue] + Days +
「サンタクロースはいるの?」8歳の少女の疑問と世界一有名な社説

友達に「サンタクロースなんているわけない」といわれた8歳の少女、ヴァージニア・オハンロンは、父親のすすめで新聞社に「教えてください、サンタクロースは本当にいるのですか?」と投書しました。

以下は1897年9月21日ニューヨーク・サン紙に掲載され、のちに世界で最も有名な社説となった、記者フランシス・チャーチによる回答です。


head.gif
paper_small2.jpg
*1897年9月21日のニューヨーク・サン紙の社説欄の実物。クリックで拡大。


   *    *    *    *    *    *


本誌は、以下に掲載される素晴らしい投書に対してお答え申し上げると同時に、読者にこのような素晴らしい方がおられることを、心から嬉しく思います。


こんにちは、しんぶんのおじさん。
わたしは八さいのおんなのこです。じつは、ともだちがサンタクロースはいないというのです。パパは、わからないことがあったら、サンしんぶん、というので、ほんとうのことをおしえてください。サンタクロースはいるのですか?
      
―――ヴァージニア・オハンロン




// no tags

| 17:39 | trackback 0* | comment 2* |


| TOP | next >>


11 ≪│2007/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示