オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2007.01.30 [Tue] + Inner Science +
共感覚

「文字に色が見える」、「音に手触りを感じる」、「味に形が伴う」・・・
「共感覚」と呼ばれる極めて稀な脳現象がある。視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚のうち、一つの感覚の刺激によって別の知覚が不随意的に引き起こされふたつの感覚が奇妙に混在して働く知覚現象だ。また、中でも音楽と色彩は結びつきやすい傾向があり、音刺激によって色覚をともなうことを色聴(colored hearing)という。

実際に共感覚者のころんさんがバラエティー番組を観た時の「色」、オーケストラ音楽を聴いたときの「色」[からふるな世界]

最新の調査によると共感覚者の割合は2万から2万5千人に一人程度と言われているが、定かではない。共感覚者が自覚していない場合や、人と違うことに悩んだり、あるいは打ち合えても理解されにくいため、隠している場合も多いからだ。

また、ランボーやモーツアルト、レオナルド・ダ・ヴィンチといった多くの作家や音楽家、画家も共感覚の持ち主だったといわれているが、絶対音感の持ち主にも共感覚者は多いのではといわれている。例えば「ミ」「ファ」など音階を音の高低だけで聞き分けるのはたやすいことでははないが、音を触覚情報として捉える共感覚者にとって「ミ」→ざらざらした感じ、「ファ」→つるつるした感じ、と言うように全く異なる感覚を伴ってその両者の差を認識することができるからだ。

同様に、色を音で捉える共感覚者によく似た色を見せたとしても、その違いを音によって認識することができるだろう。では仮にその人が色を認識できなくなったとしよう。それでも音の違いにより色を区別することができるのだろうか。その答えの手がかりとなるニュースを見つけた。

*色を音へ変換する装置と色を失った美大生[原文:BBC]

色を音へ変換してくれる、アイボーグ(Eye-Borg)という装置がある。カメラから色が取り込まれるとコンピューターによって変換され、ヘッドセットから音として聞くことができるのだ。青ならば高い音、赤ならば低い音、というように。
美大生のネイルは重度の色覚障害のため色を認識することができなかったが、アイボーグをつけて花屋さんに行った時、彼は初めて“鮮やかな色”を聞くことができた。「僕にとって世界まったく違うものとなったし、僕の世界の感じ方も変わったんだ。すべてのものに色が加わったんだよ。」

ネイルはアイボーグを装着することにより、擬似的に共感覚を体験しているのだ。アイボーグの精度がどの程度かは分からないが、誰にでも効果があるらしいのでぜひ体験してみたいなあ。おそらくネイルのことば通り【全く違った世界が見えて、全く違うように感じ取ることができる】んだと思う。

あたしは共感覚の持ち主ではないけれど、なぜかピアノの演奏曲を聴くときだけ口の中に『濃厚なロイヤルミルクティー』を感じる。味ではなく、なんというか、舌触りというか、口の内側全体にあのまったり感なのだ。うまく説明できないけど。ピアノなら何でもいいわけでもなく、自分の心惹かれるときのみ、である。さらに曲によってシナモンが加わることもある。(笑)たぶん一緒にピアノの曲を聴いているとき「あ、ロイヤルミルクティーだ」「チャイだ」とつぶやいてたのを聞いた人もいるんじゃないかな。

正確に言うと、ロイヤルミルクティーでもチャイでもないかもしれない。ただ、ピアノの曲を聴くと口の中にとろんとしたような、こっくりというか、なんかを感じるのだ。初めてロイヤルミルクティーを飲んだとき「なんかこの感触似てるなぁ。。なんだっけなぁ・・・」と感じて、ピアノの時のアレだ!と気がついたのだ。つまりは「ロイヤルミルクティー」の方が後付けだったりする。シナモンも同様に、トロトロの中になんかツブツブが混ざっているというか。だからころんさんの「ゆみちゃんの声は、ピンクに水色のつぶつぶだね」はなんか分かるの。(あたしは色なしだけど)

ちなみにシナモンはジャズ演奏のときに加わることが多いです。あたしにとって心地よい・感動できる曲ほど、なぜかロイヤルミルクティーも濃くてとろみがある場合がほとんどで、やっぱりピアノならグランドピアノ、CDよりも生、セッションやオーケストラよりもソロの方が起こりやすい。そして感覚が起きてるときはどうしても口の中で(幻のロイヤルミルクティーを堪能しようと)舌が動いちゃうんだよね。。

一緒にピアノ曲を聴いてる時、そんなあたしに気がついても放置してください。
堪能してる証拠なので。。


*共感覚判定テスト(英語)
http://www.bbc.co.uk/science/humanbody/mind/surveys/synaesthesia/see/
なかなか面白いのでチャレンジしてみてはいかが?


スポンサーサイト

// no tags

| 01:16 | trackback 0* | comment 0* |


2007.01.29 [Mon] + Days +
きっかけ

「なんか以前とくらべて脳力が落ちてきている気がするんだよね。
 記憶力の低下を感じたり・・・。

 どうしよう?」

そんな彼の言葉に
「共感覚って知ってる?」
と返した。

「それ、なぁに?」

彼の知的好奇心に火がついた。




// no tags

| 23:45 | trackback 0* | comment 0* |


2007.01.16 [Tue] + Days +
ワンポイント英会話

通称 K-Fedこと、Britney Spears の元夫 Kevin Federline。
電撃結婚当初からヒモ夫同然にもかかわらず勘違いした態度・言動に各所からバッシングの嵐、嵐、嵐。
Britneyの力添えで何とか念願のラッパーとしてアルバムデビューを果たすも、完敗・惨敗ス。

別にね、Kevinのことなんてどうでもいいんだけどね。
とある海外ニュースサイトで『K-Fed, the "wanna-be" rapper, was ... 』という文を見てちょっと切なくなりました。

あ、意訳するとね、
“自称”ラッパーことK-Fedが・・・』ってノリです。


wanna-beって・・・。wanna-beって・・・。
そのブラックセンスにツボった。



// no tags

| 01:02 | trackback 0* | comment 0* |


2007.01.05 [Fri] + Days +
めーるあどれす

メールアドレスって実はその人なりのこだわりがあったりする。
例えば自分の名前や好きなアーティスト、誕生日を入れてみたり。
結構前のことだけど、こんなエピソードがありました。

フルーチェ好きの友達(♂)の場合;

友達「フルーチェピーチ.△△△ってアドレスにしたんだ。フルーチェで取れなかったから」

ktm「うんうん」

友達「そしたらある日ね、『フルーチェ好きなんですか?僕もフルーチェが大好きなんです。よかったらお友達になりましょう』って、フルーチェloveさんからメールが来た・・・」

ktm「へえ。。返信したの?」

友達「ううん。男からだったし、たぶん向こうもこっちのこと女の子と思ってるっぽいし」

ktm「『ピーチ』あたりで女の子だと踏んだのかもね」


メールアドレスでプロファイリングしてからナンパとは新しーねー。
そんなやりとりをして笑ってました。
その話を当時つきあっていた人にしたトコロ。。

ktm「おもしろいでしょー?」

彼 「ああ、そういうの俺もあるよ」

ktm「そーなの?!どういうのどういうの?(ワクワク)」

彼 「あのさ、俺のアドレスって△△△.タイガーじゃん?これ、△△△じゃ取れなかったから、虎年からタイガーをつけたんだけど」

ktm「うんうん」

彼 「『タイガーマスクファンの方ですか?僕も大ファンなんです!よかったら一緒にタイガーマスクについて熱く語り合いませんか?』って・・・」

ktm「たいがーますく。。」

彼 「タイガーマスクforever.××からメールが来た」

ktm「・・・返信した?」

彼 「するわけないじゃん。」

ktm「だよね・・・。・・・でも純粋に友達欲しいみたいだし、少しぐらいやりとりしてあげたら・・・」

彼 「つーか、タイガーマスクに興味ないし。(キッパリ)」

ktm「ですよね・・・」

たいがーますくforeverさんにファン仲間ができていることを祈る。



// no tags

| 02:02 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP | next >>


12 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。