オレンジのR+ //
2004.04.22 [Thu] + Days +
ある日の大学生活①

*卒論のテーマが決まりました。
ずばり、「相対性理論」です。

なんで数学屋のあたしが物理なのか、
そもそも一年前は数学より情報系に興味を持ってJAVAでせこせこパックマンを作り、
「では敵を出現させてみましょう」
「ではエサのボーナスを作ってみましょう」
なんて笑顔で言われた日には「あたしのパックマンはただひたすらまっすぐ突っ走るだけでいい。それがあたしのパックマンらしい」などわけわからんことを思って半べそかいてたような気がしますが、
とにかく「相対性理論」なのです。

種を明かせば、京大出身のゼミの教授の元々の専攻が物理だったからなんだけど。

現象数理(世の中に起こっている現象を関数に置き換えて考える学問)はおもしろいなぁと感じていたし、何よりも想像力・発想力が抜群の友達(M)も取っていたので、時間軸を扱う相対性理論についてMとあーでもないこーでもないと語りたいなあと思ったわけです。

難しかったらどーしよーとゼミの研究室に入ると・・・。

「くぽーくぽーくぽー」
・・・出張モーグリ?(わかる人にはわかるはず。笑)

見れば、ハトのつがいが棚の上にいる。

kotomo「・・・ハト?」
M  「飼ってるのかなー?」
ゼミ生1「巣を作ろうとしてるみたい」
ゼミ生2「ここで卵産んでヒナ育てるのかな?」
kotomo「それ、かわいいかも!」
M  「○○先生は去年研究室でハト飼ってたしね」
ゼミ生1「でも卵産むのって苦しいんでしょ?」
kotomo「えっ?」
ゼミ生1「産む瞬間、苦しくってくるっぽー!くるっぽー!くるくるぽー!!ぽー!!って鳴き叫ぶんでしょ?」
kotomo「ええっ?」
ゼミ生1「授業中に産んだらうるさくて大変そうだねぇ(笑顔」

ぜて、違うと思うんですけど。


卒論のテーマが難しいのでまじめな子ばかりだったらどうしようかと心配だったけど、どうやらここならやっていけそうです。



// no tags

| 00:00 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP |


03 ≪│2004/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示