オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2004.04.30 [Fri] + Days +
おだやかなる毎日

*大学にいる間は、Mと寮食(寮の食堂)でたむろしていることが多い。
寮食は中庭に面していて、こんな天気のいい日にはベランダを開けてぼーっとするのが気持ちいい。
りりしく立ち並ぶ木々の根元には、対照的に雑草が伸び放題になっている。

私「いい天気だねえ。緑がまぶしい」
M「そうだねえ」
私「何か、一句。どうぞ」

Mはうーんと頭をひねりつつ、言葉を綴りだす。

こんなとき、才能のある人をうらやましいと心から思う。
なんでこんなにもすらすらと出てくるのか。謎です。
粋に古語なんぞ使ってるし。

私「古語って響きがえろいねえ」
M「いやらしいよね」
私「てことは、昔の人はみんなえろかったのかっ!!」

何を言っているのか、本人たちもよくわかってないし。
これぞ、人生のモラトリアム期間の醍醐味か。

M「次、さぼって、数学の世界を体感しようか!」
私「いいねえ!やろうやろう!!」
M「どうやってやろうか?」
私「・・・知らない」

こんなことも許されるのです。
モラトリアムだから。

M「あたし昔ウィルス大好きだったんだよねー」
私「あーわかるわかる!こんなウィルスあったらって想像するとおもしろいよね!!」
M「インフルエンザウィルスの毒素だけ抜いて、遺伝子構造にだけ影響与える新しいウィルスを作れるらしいよ」
私「へえー。あたしならどんなやつ作ろうかなー(わくわく」
M「んとねーんとねー(わくわく」

こんな会話が繰り返される毎日。
いーのいーの、モラトリアムだし。
いつかこんな日々を懐かしく思うのかな?


M「あたしね、バイト先とかで自分の話をするといっつも変わってるねー、って言われてた」
私「そかね?」
M「だけどkotomoに話をすると、『あーわかるわかる!』って反応が返ってくるからうれしい」
私「・・・そか。よかったですね(よそ見」


皆モラトリアム期間を楽しんでる?

are u happy??


スポンサーサイト

// no tags

| 00:00 | trackback 0* | comment 0* |


2004.04.29 [Thu] + Days +
お化けとわたし

*GWも目前の今日この頃。
「どこに行こうか?」などと話もはずんでいるのではないでしょうか。

たぶんにもれず、私にもその話題が振られます。

うーん、特に予定ないなぁ・・・。
日光苦手だし。
でも、最近行った富士急はおもしろかったなあ・・・。


富士急といえば。
なんと言ってもお化け屋敷。
フジヤマよりもお化け屋敷。
妙な映画を見せられた後、30分くらい徒歩で廃病院内を歩け、というアレです。

「みんなで”絶対に手を離さないで行こうね”って約束したのに、5秒後にはみんなして散り散りになって逃げた」だの
「怖さのあまり腰が抜けて、お化けに助けてもらいながら非常口から出た」だの
「出てきたらみんな転んで血みどろになってた」だの

あまつさえ、「あたしはひじをすりむいて、出た後に”あたしはこんなに血を出した!ほら!ホラ!”などとみんなで傷を見せあった」だの
その伝説はつきないのです。

いまいち、サンプリングが悪かった感も否めませんが。
じゃあ、チャレンジしようじゃないかと。


まずはみんなで10分ほど映像を見せられます。
ここにもちょっとしたアクションがあるのですが。

友達「ぎゃああああ!!!(バッターン」

驚きすぎです。
椅子から落ちてるし。

みんなに「お前の声に驚いた」だの突っ込まれ
周りのお客さんにも「すいませんすいません」と謝っている姿がとても印象的でした。


さて、いよいよ病院を歩くことになります。
3組のペアに別れて、あたしはOと回ることに。

O「あいつら、怖がりだから、さっさと先に行こう。一緒にいると怖さが薄れるし」

というわけで、残りの仔羊ちゃんたちを置いて、さっさと進むことに。

なるほど、結構怖い。
しかも暗くてよく前が見えないし。

後ろからは「キャー」だの「わー」だの聞こえてきます。

kotomo「あは、やつらがんばってるねえ」
O 「追いつかれたら一緒にいこうって言われるから、どんどん行っちゃおうよ」
ko 「うん」

ま、あまり進みすぎると前のお客さんたちに追いついてしまうのですが。

O「どんどん行こうよ。あいつら走ってくるかもしれないし」

スタスタスタスタ・・・

ko「ね、あんまり先に行くと前の人と一緒になっちゃうよ」
O「いいからいいから」
ko「ね、前のグループ見えてるよ」
O「いいからいいから」

・・・怖いんですね?
でも、怖がってる姿をみんなに見せたくないんですね?


ここのお化けさんたちは実際に追いかけてきます。
しかし、絶対に触れてはこない(当たり前か)。

けど、あたしは追いかけられることがトラウマといってもいいほど苦手です。
お化けのそばを通過すると、ついつい追いかけられてないか後ろを確認してしまう。
そうすると向こうも調子にのって追いかけてくるわけです。

ko「あんたなんかこわくないもんこわくないもん」

この意地っ張りぷりが向こうの脅かし欲(?)をそそるのでしょうか。
追いかけてきて「う、うう・・・」などと耳元でうなってくる。

きーむかつく!!

もうすぐ出口というあたり。
最後のお化けがものすごくしつこい。

ko「ついてこないでください。あたし追いかけられるの苦手なんです!」

やっと、終わりだー!
内心ものすごく怖かったよぅ・・・。

お化け「ボー・・・!(ちょー耳元で)」
ko「ひいいいい」

不意打ち一発。

ko「(お化けをキッとにらみつけながら)やめてください!あたし耳は苦手なんです!!」←そゆ問題なんだろーか?

お化けを振り切って出口へ一直線。
わーい、疲れたぁ・・・。


お化け「ボーーーーーー!!!!(さらに耳元で)」


ゾワゾワゾワ・・・


なんか生暖かい息が耳にかかった。
なんか生暖かい息が耳にかかった。


ぶちっ。


ko「耳は弱いからやめてくださいっていったたのにーーー!!!(涙+怒


最後の最後でわけのわからないきれかたをしてしまいました。
だ、だって怖かったんだもん。

隣のOは大爆笑していました。


くやしかったので、後からくるメンバーを出口で脅かすことに。

ko「きたきた」
O「せーの」
わっ!!

きゃーーー!!という予想通りの反応。
うむ、満足じゃ。


O「・・・あれ?やつらじゃなくない?」
ko「えっ」


がぼーん。
関係ない一般の方々を脅かしてしまいました。
ご、ごめんなさい。


えへ、みんなもぜひ富士急のお化け屋敷に行ってみてね♪



// no tags

| 00:00 | trackback 0* | comment 0* |


2004.04.28 [Wed] + Days +
誰かの生まれた日。

*今日はラウンジで女性起業家Tさんの誕生日パーティー。
誕生日をプロデュースするハッピーバースデーさんの協力もあり、素敵なパーティーになりました。

誰かの特別な日をお祝いできることがうれしい。
その場にいられることがうれしい。

パーティーを企画する側は初めてだったので、
この感動はやみつきになりそうです。
これからはがんがんパーティーするぞっ!


*さて、パーティーの裏側ではこっそりみんなで写真付きのメッセージカードをカキカキ。
Tさん、すごく有名な方で個人的には以前から知っていたし、何度かパーティーでお会いしていたんですが。

なんて書こうかしらん。
ありきたりな言葉もつまらないし。

うーん、いい言葉が浮かんでこないから絵でも書こう。
ウサギなんかかわいらしくていいんじゃないか。

カキカキ←真剣

うーん・・・。なんか輪郭でかくなっちった。

カキカキ・・・

・・・あんまりかわいくないなあ。。ウサギじゃなくて、ムンクってことで。
←すでにお祝いにふさわしくない

カキカキカキ・・・


はっ!おそろしいことになってしまった!!!
隣で作業をしていたハッピーバースデーのIさんに思わずヘルプ。

私 「すみません、ちょっといいですか?」
I氏「なんでしょう?」
私 「お祝いをしたいのに、なんか恐ろしいものができちゃいました…」
I氏「え?」
私 「ちょっと見ていただけますか?」

ピラッ(カードを見せる)

私 「どうしたらこのイラストがかわいくなると思います?」
I氏「・・・」

I氏、無言でした。

いいもん。
心がこもっていれば。


*今日の気になる話。

パーティーの後片付けをしていると怪しい会話が断片的に聞こえてくる。

「絶対的素数は・・・」
「天才って・・・」
「野球チームの背番号を全部素数にすると・・・」

何?!何なの?!!
背番号を素数にすると、そのチームはどうなるのっ?!!

ものすごくものすごくものすごく聞きたい。
誰か解説きぼー!



// no tags

| 00:00 | trackback 0* | comment 0* |


2004.04.27 [Tue] + ツブヤク。 +
魔法のことば

*誕生日祝いのお食事会にオヨバレ。
集まった顔ぶれを見回しながら、家族っていいなあとふと思う。

小さい頃、口癖のようにいつも唱えている魔法のことばがあった。
そのことばをつぶやくと、たちどころに幸せな気分になって、
なんにでもなれる気がしたし、どこまでも行ける気がした。

いつからだろう。
そんなことを忘れてしまったのは。

母親に弱音を吐いたとき、あなたはよくこう言ってたじゃない、大丈夫!といわれてはっとする。

もう一度、あの頃の強さが欲しい。



// no tags

| 00:00 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP | next >>


03 ≪│2004/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。