オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2007.11.20 [Tue] + World Repots +
【必読】【実話】世界中の何百万もの命を救った、ある男の話。

この記事を見つけて読んだとき、なんとも言えない気持ちになった。。

おそらくほとんどの人が知らないことでしょう。
もちろんあたしも知らなかったし、
この記事を読んだアメリカの人の反応も一様に『全く知らなかった』。
もちろんそれは外部からの様々な圧力があったりするんだけどね。

知っていますか?
世界の何百万、何千万という命を救った、ある男の話。
第三次世界大戦がまさに開始されようとしていた、ある寒い夜の話。
そして、彼が迎えた結末とは――――――。


     *    *    *    *

これはまだ冷戦下の旧ソ連とアメリカが一発触発状態にあった頃のできごと。

1983年9月1日、JFK空港からソウル行き大韓航空007便が飛び立った。飛行も半ば、誤って旅客機が旧ソ連領空に踏み込んでしまったとき、旧ソ連のジェット戦闘機が現れ、旅客機に接近してきた。旧ソ連側はそれが民間機とは知らず、パイロットに身分提示の呼びかけを行ったが、応答はなかったという(理由は不明)。

その後ジェット戦闘機は1時間ほど旅客機をマークしていたが、旧ソ連領空を出たところでミサイルを放った。乗員乗客合わせて269人を乗せ、3万5000フィート上空を飛行していた旅客機は、攻撃を受けて全員が死亡。その中にはアメリカの下院議員や多くの日本人もいたという。旧ソ連領空を出てからわずか90秒後のことである。

この事件に関して、一説では民間機は何も警告を受けてないとも言われており、さまざまな憶測が飛び交うものの、いまだは真相は明らかにされていない。詳しくはコチラ→大韓航空機撃墜事件(wikipedia)

9395.jpg


旧ソ連側は彼らの犯した『アヤマチ』をなんとか弁護しようとやっきになったが、当時のアメリカ大統領ロナルド・レーガンは一連の旧ソ連の対応について“野蛮”で“決して忘れることのできない、非人道的行為である”と評した。

二大強国間の緊張はますます高まり、ついに1983年9月15日、アメリカ政府は旧ソ連に対してアメリカ領空への進入を禁止した。険悪ムードはいよいよ最高潮に達し、攻撃開始も時間の問題と思われた。




スポンサーサイト

// no tags

| 00:33 | trackback 0* | comment 0* |


2007.11.05 [Mon] + World Repots +
The Coming Water Wars Chart:迫りくる水の利権争い

もう次の戦争はすぐそこまで来ているんだって。
耳をすませば、軍靴が刻む足音が聞こえてくるでしょう・・・
奪い合う水を、手にするころには朱く汚してしまった愚か者はだぁれ?

今も世界では一分毎に7人の人が水不足または悪質な水が原因で亡くなっている。地球上に存在する水のうち、人々が利用できる新鮮な水はたったの0.007%である。The United Nationは20年後には水の供給量は現在の1/3になるだろう。2000年にKofi Annan氏は新鮮な水を求めて争いが起こるだろうと警告した。ベスト・ウォーター1位フィンランド2位カナダ3位ニュージーランド4位イギリス5位日本。アジアは世界人口の60%を占めているにも関わらず、水消費の占有率は36%である。・・・


waterwar111112.jpg
         ↑クリックしてWater Wars Chart へGO!






// no tags

| 23:21 | trackback 0* | comment 0* |


2007.08.05 [Sun] + World Repots +
【Infographic】各国の都心部における人口

興味深いソースをみつけたので紹介。
各国の都心部における人口をinfographic化したもの。


thenewurbanworld1.gif
Urban populations infographic (PDF) [source].


In 2008, half of the world's population will be in urban areas. The shift from rural to urban changes a balance that has lasted for millennia. Within one generation, five billion people, or 60% of humanity, will live in cities. The urban population of Africa and Asia is set to double in this time.
2008年、世界人口の半数は都市部で生活するようになり、田舎と都市とのバランスは今世紀中に大きくシフトチェンジしていくだろう。私たちの世代で50億人または世界の60%の人々が都市に住み、アフリカやアジアの都市部の人口は今の倍になるだろう。




// no tags

| 01:14 | trackback 0* | comment 0* |


2007.04.12 [Thu] + World Repots +
シアワセの世界地図

心理学者のエイドリアン・ホワイト氏は178もの国々で『国民が生活にどのくらい満足しているか』という調査を行い、ランク付けしていった。またその“満足度”得点をGDPや平均寿命、教育の普及度合いなど と比較した。平均寿命は最も人々の幸福度と関わりが深く、また健康状態も満足度の大きな要因となる。収入はその次に大きな要素であり、教育とも密接に結びついている。


■ シアワセの世界地図

ホワイト氏による満足度得点に応じて塗り分けられた世界。
濃い色[赤]になるほどシアワセ(を感じている)な人たちが暮らしている国。

happyplaceadrianwhite.jpg
*クリックで拡大*

この世で最もシアワセな場所は、デンマーク。世界中で一番満足度が高いと報告されている。平均寿命の長さや収入の高さが決め手になった。次いで得点が高いのは、スイス(2位)、オーストリア(3位)となっている。


 その他の主な国の満足度ランキング 
4位アイスランド
6位フィンランド
7位スウェーデン
10位カナダ
23位アメリカ合衆国
26位オーストラリア
41位イギリス
82位中国
125位インド



// no tags

| 23:58 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。