オレンジのR+ //
2013.03.12 [Tue] + どこかの誰かのオハナシ +
title: 青い鳥

季節はいつだったか憶えていない。単に忘れてしまったのか、そもそもそこに書かれていなかったのか。


「僕」はいつもどおり学校の後に裏山で遊んでいた。いつもと違ったのは、茂みの中にちいさな青いものを見つけたこと。近寄ってみると、それは大きな木の根元に横たわった、一羽の青い鳥。しばらく息をひそめて見守っていたが、ぴくりとも動かない。もっともそんな風に確かめることはせずとも一目見て死んでいることはわかっていたが、そのキラキラを陽をうけ輝く青色の羽根は死からもっとも遠いもののようにも思えて不思議と恐怖は感じなかった。そのやわらかそうな体。いまは固くとじられているまぶたの奥にある、黒黒としたつぶらな瞳さえ容易に想像することができた。変な風にねじれて縮こまったままの足だけが唯一その鳥の死を語るものだった。

ためしにそっと胸元へ手をのばしてみる。指先をくすぐる感触はここちよいほどだった。風をふくみ、一瞬虹色の輝きをみせる羽毛。今度はちいさな頭を撫でてみる。そうするとなんだか気持ちよさそうに目をつぶっているようにも見えて、けれど二度とチイとも鳴くことのない小鳥を僕はそのまま放おっておくことができなかった。ポケットからティッシュをとりだして注意深く小鳥を包むと、鞄の中にしまった。ちいさな青い宝石を僕が、僕だけが見つけたんだと嬉しさでいっぱいだった。家に帰ると誰にも見つからないように机の奥に宝物をしまった。それから何度もこっそり引き出しをあけてはその青の美しさにうっとりし、その羽根をなでてあげた。

そんな僕だけの秘密もあっけなく暴かれる。家族が「異臭がする」と騒ぎ出し、すぐにそれは僕の机のひきだしからだと突き止められてしまう。僕の抵抗もむなしく開けられた宝箱の蓋。見つけた母は悲鳴をあげ、姉はきもちわるいと泣き出し、祖母は南無阿弥陀仏と手をあわせ、僕はただうつむいた。

ただ、父だけは違った。「ほう」と言って注意深くティッシュをひろげて、そんなもの早く捨ててきてと喚く母を尻目に憐れな青い鳥をじっと見つめた。しばらくしてから顔をあげると、「お前がつかまえたのか」と尋ねてきた。「ちがう、見つけたときにはもう死んでた。綺麗だからひろってきた」「そうか。このままじゃ可哀想だから庭に埋めてあげなさい」、そうして呟くように「この鳥は◯◯◯◯◯だな」。



tumblr_mb4in7G4HO1qd.jpg
[via]



// no tags

| 20:47 | trackback 0* | comment 0* |


2009.06.15 [Mon] + どこかの誰かのオハナシ +
LOVESICKNESS

古今東西、
多くの賢人たちが恋愛にまつわる名言を残しているけれど

中島らもは恋は人をおかしくさせるといい、
「恋は病気に似ている」と表現した。

「ただし、それは世界で一番美しい病気だろう」
「恋愛が人間の魂を運んでいく高みというのは途方もないものなのだ」。




// no tags

| 16:05 | trackback 0* | comment 0* |


2008.12.11 [Thu] + どこかの誰かのオハナシ +
Continue

おもしろい話を聞いた。
はるか昔、山奥に住むある部族は、好きなときに雨を降らせることができたというのだ。

集落ごとに行われたというその雨乞の儀式の効果は抜群で、装束を身に纏い、神への捧げ物の前で皆が輪になってひとたび踊りだせば、必ずや雨が降り出したという。
百発百中、決して失敗することなどなかったというから驚きだ。

水はあらゆる生命の源であり、それを意のままに操れるというならば、それは神と等しい力を得たことになるのではないか。にわかには信じがたく、「ほんとに絶対雨を降らせることができたのか?」といぶかしがると、そいつは「マジで本当。絶対の絶対の本当!」と笑って答えた。

「あ、まだ信じてない?」
「うーん、ちょっと・・・」
「マジだって!その部族が雨乞いの踊りを始めると、必ず雨が降りはじめたんだからすげーだろ?」、
そしてこっちを見てニヤッとしながらこう続けた。

「だって彼等は雨が降り出すまで踊り続けたんだもの。何日も、ときに何ヶ月もかかろうと、な。」



// no tags

| 02:01 | trackback 0* | comment 0* |


2007.08.21 [Tue] + どこかの誰かのオハナシ +
切貼職人

忙しさにボロボロになりそうな体とココロですよ
こんなに毎日毎夜がんばってるのにうたがわれちゃたまらない

今はキッテ・ハッテ・ツナゲテ・るんだって言ったら
君は大きく首をかしげた
キッテ・ハッテ・ツナゲテ
キッテ・ハッテ・ツナゲテ
大きな一枚の作品にするんだって言ったら
君は満足そうにうなづいた

このタイルを貼り終えたら丘の上へいこう
近すぎてみえないものもあるんだから
見下ろせばそこには君も驚くあいの言葉

だから今はゆるしてねって
イイワケをするためにここから抜け出して君の元へ



// no tags

| 23:44 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP | next >>


04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示