オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2009.04.17 [Fri] + Days +
「山下達郎 Performance 2008-2009」がかっこよすぎる件

「山下達郎 Performance 2008-2009」@中野サンプラザに行ってきました!


20090416233607s.jpg


実に六年ぶりとなるこのツアー。しかも今日は達郎さんのホームグランドである中野サンプラザ初日、しかも最前ブロックとくれば、どうしたって期待値は上がりまくりだったわけですが。

もー本当にかっこよかった!とにかくかっこよすぎる!!すごいとか上手いとか神懸かってたとか、言いだせば本当にキリがないんだけど、それでも私は「めっちゃくちゃかっこよかった!!」と言いたい。だーさんが「本物のプロのステージがどういうものか、ずっと見せてあげたいと思ってた」とくり返し言っていた意味がよくわかったもん。達郎バンド素敵すぎるわ。正直、ライブというものの概念が変わりました。カッティングがあんなにかっこいいもんだとは思わなかったし!


20090416214949s.jpg


今回は先にも述べたように6年ぶりのステージであり、また"新譜なきツアー"としては実に四半世紀振りだったそうですが、久々の全国ツアー敢行を決断させた理由を一つを話して下さいました。

大阪にある多目的ホール「フェスティバルホール」はその音響の良さから『音の職人』『日本一のホール』と称されてきました。世界的にも評価が高く、名指揮者カラヤンも絶賛したほど。しかし近年、建物の老朽化を理由にこのホールの取り壊し・建て替え計画が発表され、ミュージシャンやクラシック関係者から数多くの反対の声が寄せられました。フェスティバルホールに強い想い入れがある達郎さんもまた「カーネギーホールやオペラ座を壊すに等しい愚行」だと存続を強く訴えたのですが、結局フェスティバルホールは昨年末いっぱいで閉鎖されることとなったのです。

しかし、最後まで異を唱え続けた達郎さんの"ホールに対する熱い想い"にこころ打たれたホール責任者が、なんと年末の四日間ホールのスケジュールを達郎さんのために空けておいて下さったそうです。どうぞご自由にお使いください、との申し出に達郎さんは

「ならライブをやろう」、

「どうせなら全国をまわろう」。


いま全国各地で、同じように2000人規模の多目的ホールの閉鎖が相次いでいるそうです。この規模のホールは、多くの場合、ホテルや商業施設と一緒に経営されているため、ホール運営以外での赤字分が足枷となり、結果ホールまでも切り捨てざるを得ないケースが増えているそう。かくいう中野サンプラザも同じ運命をたどっていたところを、中野区が赤字覚悟で買い上げてくれたのですが、それも10年先までの運営という話になっていて、つまりあと数年でクラッシュする運命なんですよと。そんな話、全然知らなかった、、

フェスティバルホール取り壊し後には新たに2つの超高層ビルが建て替えられ、そこには"新"フェスティバルホールも誕生します。世界が認めたフェスティバルホールの音響を再現すべく、専門家チームが一丸となって取り組むそうですが、はたして・・・。


スポンサーサイト

| 01:19 | trackback 0* | comment 0* |


2009.01.28 [Wed] + Days +
黒澤監督の「仕事」と「はたらく」意味

最新作とカラフルな文字がそこかしこに躍る棚に早速オバマ大統領DVDを見つけて
仕事がお早いことで、と苦笑する。
最新作コーナーをチェックしたらおつぎは監督別作品コーナーへ。
本屋とCD/DVD屋における店内の廻り方っておんなじだよなぁといつも思う。


足を止めて、一枚のモノクロDVDを手に取ったのは
昨日、永田町黒澤豚しゃぶに散々舌鼓を打ってきたからだ。


この店は"鹿児島直送の黒豚のしゃぶしゃぶやすっぽん料理など、
実際に黒澤家の宴に上がった料理の数々を味わうことができます"が謡い文句だが
一歩足を踏み入れてみればそこはまさに黒澤ワールドといった様相。

黒澤映画の美術スタッフが手がけたというだけあって
外観はもちろん、内装の細部や装飾にいたるまで全てこだわり抜かれている。
はては置かれている美術品も全て映画や監督ゆかりのものという徹底ぶり。
黒澤明という偉人が成し遂げた仕事ぶりの一端を垣間見たような気がした。
無論、料理の美味さたるや、豚しゃぶの概念を一夜で覆すほどで。

なるほど、これはすごい。おもしろい。
"言ったとおりでしょ"といいたげな目尻に視線を投げ返しておいて、
さらにおもしろいおもしろいと二度ほどくり返しつぶやいた。



| 22:31 | trackback 0* | comment 0* |


2008.12.27 [Sat] + コトノハ +
俵万智イズムとオススメ本

俵万智さんの公式HP『俵万智のチョコレートBOX』には
万智さんご本人による自選百首 が紹介されているので、いくつか気になったものを・・・


r潮風に君のにおいがふいに舞う 抱き寄せられて貝殻になる(『サラダ記念日』)

rいつもより一分早く駅に着く 一分君のこと考える(『サラダ記念日』)

r眠りつつ髪をまさぐる指やさし夢の中でも私を抱くの(『チョコレート革命』)

r思いきり愛されたくて駆けてゆく六月、サンダル、あじさいの花(『サラダ記念日』)

rぶらんこにうす青き風見ておりぬ風と呼ばねば見えぬ何かを(『チョコレート革命』)

r「スペインに行こうよ」風の坂道を駆けながら言う行こうと思う(『サラダ記念日』)

r四万十(しまんと)に光の粒をまきながら川面をなでる風の手のひら(『かぜのてのひら』)

r母と娘のあやとり続くを見ておりぬ「川」から「川」へめぐるやさしさ(『かぜのてのひら』)


思わずうーん、とうなるような作品ばかりですが
最近「もっとこの人のことばに触れてみたい!!」と思わせてくれた一冊に出会いました。

31WZQ9AXSW160_.jpg
『プーさんの鼻』


r生きるとは手をのばすこと幼子の指がプーさんの鼻をつかめり

r親子という言葉見るとき子ではなく親の側なる自分に気づく

rたんぽぽの綿毛を吹いて見せてやるいつかおまえも飛んでゆくから


新しい命を宿し、親になった万智さんだからこそ表現できる世界。
その一つ一つにはっとさせられたり、鋭い観察眼に感心したり、ほのぼの癒されたり・・・。

特にお子さんがいる方にオススメしたい一冊です、と
なぜかえらそうにkotomoが申しておりまするり。笑




| 01:43 | trackback 0* | comment 0* |


2008.10.05 [Sun] + Days +
悪魔の決めゼリフ

ワガママをいうこどもに"効く"フレーズのことを
あえてここでは『悪魔の決めゼリフ』と呼ぶことにしよう。
そしておそらくどの家庭にもこどもの性格に応じて
タイプ別『悪魔の決めゼリフ』があるのでは、と察する。


ある芸人の話。
こどもがワガママを言ってぐずりだしたとき、
嫁が一言、「そんなことばっかり言ってると、“きみどりのおじさん”が来るよ!?」。
するとこどもはピタッと泣き止んだという。

驚いた彼が「黄緑のおじさんてどこのどいつだ!?」と問い詰めると、
嫁曰く、黄緑のおじさんとは全身蛍光黄緑の服にシルクハットをかぶった小柄なオッサンで、
どこからともなく現れてはワガママばかりの悪い子をどこかへ連れ去ってしまうという。
・・・・・とこどもは信じている、嫁の創作物。

なまはげかよ (;´д`)ノ  

すげー。
なんかよくわからんが、とにかくすげー。
黄緑のおじさんも、その嫁も、あんたらすげーよ、、



| 00:33 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP | next >>


07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。