オレンジのR+ //
2013.02.25 [Mon] + Days +
嬉しい哉、嬉しい哉、また嬉しい哉。

文章好き、言葉好きはきっと母ゆずりなんだろう。


誕生日をむかえた日の朝、母から一通のメール。

誕生日おめでとう。
素敵な一日でありますように。

嬉しい哉、嬉しい哉、また嬉しい哉。
楽しい哉、楽しい哉、重ねて楽しい哉。

そんな毎日が続きますように。

 文末の絵文字3連続は省略。笑


ぎゅぅとあいほんを握りしめる。
今日はたくさんのうれしいメールが届く日だ。




| 15:19 | trackback 0* | comment 0* |


2009.04.19 [Sun] + language +
バラは紅くて きみは甘い

ところで、達郎さんライブではお決まりとしてひとりアカペラのコーナーがある。今回は『バラ色の人生~ラヴィアンローズ』→『Chapel Of Dreams』→『Have Yourself A Little Merry Christmas』→『We Wish You A Merry Christmas(さらにここからクリスマス・イブへつながってゆく)』だったんだけど、『バラ色の人生~ラヴィアンローズ』に思わず脊髄で反応してしまった。

・・・これ、元になってる詩があったよね?なんだっけ。知ってる?

隣のひとにそっと耳打ちしても、何だかいまいちピンと来てないご様子。

人生はバラ色 ――― 薔薇は赤で、青は・・・何だっけ?

思い出す間もなく、すぐにこころは会場中に響きわたるアカペラの虜になっていた。


それが何だったのか脈絡なく思い出したのは、後日友達とゴハンしていたときのことだった。〆を鮭茶漬けか親子丼にするか迷っていたとき、ふと頭に浮かんだのだ。結局、〆は生しらすの釜揚げうどんにしておいたんだけど。



■ Roses are red

「バラ色の人生~ラヴィアンローズ」ときいて思い出したのは、ラヴィアンローズとは無関係の一遍のマザーグースの詩だった。


  Roses are red,
  Violets are blue,
  Sugar is sweet;
  And so are you.

  ばらは あかくて
  すみれは あおい
  おさとうは あまくて
  あなたは すてき



Roses_are_reds.jpg
illustrated by William Wallace Denslow
from a 1901 edition of Mother Goose



| 13:50 | trackback 0* | comment 0* |


2009.04.02 [Thu] + Days +
知らない顔

いまだに見つめられると恥ずかしくて逃げたくなる。
泣き顔なんて以ての外。

それでもその時
頬に息がかかるほどの距離にいながら
隠すそぶりを見せなかったのは
たしかにこれは愛に似ていると思ったからだ。


京子は鏡台の手鏡を取り出して、よく晴れた空をうつしてみた。また、自分の顔を手鏡のなかにながめた。奇怪なことを発見した。自分の顔は鏡に写してでなければ見えない。自分の顔だけは自分に見えないのだ。鏡にうつる顔を、目でじかに見る自分の顔であるかのように信じて、毎日いじくっている。神は人間を自分の顔が自分で見えないようにつくったのに、どういう意味があるのだろうかと、京子はしばらく考えこんでいた。

「自分の顔が見えたら、気でも狂うのかしら。なんにも出来なくなるのかしら。」

しかし、おそらく人間自身が自分の顔の見えないような形に進化して来たのだろう。とんぼやかまきりなどは自分で自分の顔が見えるのかもしれないと京子は思った。

最も自分のものである自分の顔は、どうやら他人に見せるためのものであるらしかった。それは愛に似ているだろうか。

「川端康成集 新潮日本文学15」(1968年) - 水月(すいげつ)




Tags // LOVE論

| 08:45 | trackback 0* | comment 0* |


2009.03.28 [Sat] + Days +
Amorous Languor

恋に迷える子羊ちゃんからメールが届いた。
まだ本調子ではないので花見のお誘いは丁重にお断りしつつ、
私なりのアドバイスを伝えて電話を切った。

夕刻前の風を部屋に取り入れようと窓を半分ほど開け放った。
窓際のソファーで先日届いたばかりの本を読みはじめると
次第にまぶたが重くなってきた。
抗わず、表紙を閉じてソファーの背もたれに身をまかせる。


と、ふいに先ほどの会話がよみがえってきた。

「確かに彼のことは好き。一緒にいて楽しいし、いい人だなって思う」
「けど、なんていうか・・・」
「はたしてこれを恋と呼べるのかなって」



| 17:21 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP | next >>


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示