オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2008.12.17 [Wed] + 伝統/異文化理解 +
伝説の美人芸妓「富田屋八千代」

時は明治、大阪の富田屋に「八千代」という芸妓がいた。
容姿の美しさはもとより、秀でた遊芸とその気品や人柄の良さから一世を風靡し、
日本で一番プロマイドを売り上げた、日本三名妓の一人である。

彼女にねぎらいの言葉をかけられれば松下幸之助の顔はまっ赤になり、
なんども面会を申し込み、五時間も待たされたあげくついに対面を果たした人気漫画家岡本一平(岡本太郎の実父)でさえ、八千代の第一印象について後にこう語っている。


「二重にくびれゐる二重瞼(まぶた)は微紅を帯び、あたかも春花の柔らかく、また温かく、睫毛(まつげ)にそふて香りかかり、乱れかかり・・・描く能(あた)はず」


彼女にまつわる話を聞けば聞くほど、
なんて賢くて人間的魅力にあふれたべっぴんさんなのだろうと感心させられることばかり。



で。

なんとその八千代姉さんが写っている動画を発見してもた!!
ちょおおおおおおおおおおレアではなかろかと�A�b�v���[�h�t�@�C��

この当時、八千代18歳。

The Geisha 100 years ago "YACHIYO" 1904



A Star Geisha 100 years ago.
TONDAYA-YACHIYO(1887-1924)Osak a.Japan


スポンサーサイト

| 16:26 | trackback 0* | comment 0* |


2008.12.15 [Mon] + 伝統/異文化理解 +
芸妓と化粧(けわい)と女の美

「着物」や「色気」、「女の美」と聞いて、
芸妓や花魁を思い浮かべたひとも多いのでは?
そこで、そんな彼女たちの美しさの秘密に着目してみましたz


x 化粧

ところで、「化粧」には読み方が二通りあるってご存知?
【化粧(けしょう)】と【化粧(けわい)】です。

【けしょう】
「けしょう」とは『顔に施すもの』という意味。
部分的・限定的で、いわゆる現代でいう"メイク"に当たるもの。

【けわい】
「けわい」とは、『みだしなみ全般』という意味。
つまり『部分的なものではなく、身体全体の化粧(みだしなみ)』を指し、広義に用いられます。



sakuranchiaki.jpg
Sakuran. II by zemotion


芸妓さんが施しているのは【化粧(けわい)】になります。
以下に紹介するのは、芸妓さんがすっぴんから化粧していく様子を撮影したもの。

12分05秒という長尺ながら最後まで一糸みだれぬ緊張感に、
思わず見入ってしまいました。


素肌に一筆目を置いてから慣れた様子でサッサと塗り広げていく様子や、
ついにはまぶたのキワから唇の細かい縦皴まで塗り込まれた白一色の顔。
あまりにも自分の日常から掛け離れていて、ことばを失います。

しかし、色筆に持ち替えて少しずつパーツが書き足されてゆく内に
あることに気がつきました。


”そっか。
 これは無と再生なんだ。
 血の気が失せた無機物から再び血の通う人間へ。
 彩色は再生の象徴。
 すべての色に赤みが入っているのもそのためなんだ。”


まるで無となり中身を失った身体(から)に、
舞妓の魂が憑依したのかと見紛うほどの美しくみごとな変貌ぶり。
【化粧(けわい)】というより、崇高な宗教儀式を垣間見たような気がして
身震いしました。


Maiko or geisha putting on face make-up in Kyoto





| 00:44 | trackback 0* | comment 0* |


2008.10.13 [Mon] + News/Media +
妻たちのノーベル賞

妻が言った。「ノーベル賞って、授賞式には奥さんも出るのよね。」
私が答えて、「そりゃそうだろう。内助の功が無ければとても取れる賞ではないからね。」さらに「湯川秀樹博士だったか、あまりに研究に没頭しすぎて、夕飯を食べたのを忘れて、もう一度奥さんに催促したそうである。そうしたところ、奥さんがそうですね。只今、用意しますからとおっしゃたそうである。普通なら、なによ、今、食べたばかりですよ。貴方、ボケたんではないですかとでも言うところである。以下は、博士のノーベル賞受賞時のコメントであるが、『何事につけても、私に合わせてくれた妻に感謝したい。この賞はまさに、夫婦二人で取った賞です。』」という話しをした。
一概に現代と対照するわけには行かないが、夫婦の心の一致こそが事業繁栄の本であるという倫理の教えは普遍なのである。
[シバサキの経営と倫理のブログ] より


芸術の分野にしろ、研究の分野にしろ、広く名を残す天才たちの生き様には
必ずそこに寄り添う一つの存在がある。
尊敬する夫を内助の功で支える、【妻】という人生。

 >> ノーベル賞:化学賞に下村氏 妻は最高の助手 「家族が私の研究を支えてくれた」
 >> 家族も総出でクラゲ捕り…ノーベル化学賞・若き日の下村さん

一言で夫を支える、といってもそう生易しいもんじゃない。
自称「尽くしたがり」さんや「相手を支えたがり」さんはよく見かけるけれど、
仕事に没頭しつづける背中を尊敬のまなざしで見守りつづけられるか、
かまって~甘え(させ)て~と不満タラッタラで爆発するか、
そこがオンナとしての度量の差。

実際、わたしの周りの相性抜群のカップルを見てみると、
例外なく女が人前ではでしゃばらず男を立てていて
裏で男を上手に叱咤激励しながら日々を邁進する手助けをしている。
そして男はどんなに自分が愛されて支えられているかを知り、そこに感謝があるからこそ、
安心して目の前のことに没頭していられるんだよね、きっと。
まー結局は男の方が「こいつには敵わない」って、ベタ惚れなんだけどxh
そんなパートナーシップの育み方は、ずっとわたしの理想です。


んで、ノーベル賞夫婦はどうなのかというと・・・



| 12:39 | trackback 0* | comment 0* |


2008.06.11 [Wed] + Art/Design +
この10年間における美の遷移


Beauty Over The Years



以前記事に書いたアートに潜む美女たちの競演の女優 ver. ですね

やっぱり注目すべきは目元と眉のバランスなのかなぁ。
あるときは強い意志を感じさせたり、
あるときは女性らしい憂いを漂わせたり、、
そこに何色のルージュを重ねるかでだいぶ印象も変わってくるし。


個人的には『凛とした』芯の強さを感じさせる女性が好きです。
雰囲気やメイクにしろ、生き方そのものについても。


[via]


Tags // Girl/Woman

| 16:41 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP | next >>


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。