オレンジのR+ //
2012.08.28 [Tue] + Gadget/Interior +
東西の線香花火

線香花火は《咲く》もの。

火をつけて、先端に玉ができた様子が【牡丹】、
火花が激しく飛び散る【松葉】、
火花が勢いを失い、長く垂れた【柳】、
ちりちりと小さな火花が咲く最後の【散り菊】。



spearkfire04.jpg
By naoyafujii



ーーーなんて美しいのだろう、とため息が漏れる。
線香花火に「起承転結」がある、と賛美したのは寺田寅彦だっけ。



■ 東西の線香花火


線香花火には二種類ある、と知ったときはすこし驚いた。
自分の中では線香花火といったらたったひとつしかなくて
どの花火セットにはいっている線香花火も一様におなじものだったから
てっきりそれが当たり前だと信じこんでいたのだ。



| 21:44 | trackback 0* | comment 0* |


2009.03.15 [Sun] + Days +
月と五円玉の穴

3月14日、世間がホワイトデーと呼ぶ日は父の誕生日。
おめでとうを伝えた後、
友人たちの集まりにちょっとだけお邪魔した。

昨夜の暴風が大気を一掃したのか、
高層ビルから望む夜空はしんと澄み切っていて
そこにはまあるい大きな月がひときわ美しく輝いていた。

――― ピンポン玉大くらいあるんじゃないかな?

感嘆しながら、バリ島でよく見るイモリのよろしく
全身をガラス窓に寄せるようにして月を眺めていると
綺麗な月ですね、とたった今隣にきた人に声をかけられた。

ちらりと顔をみる。――― 知らない男だ。
取り立てて私に用があるようにも見えない。

「ええそうですね」

「それに、とても大きい」

ええそうですね、と月を見たままもう一度くり返した。


それから携帯を取り出して写真を撮り始めると
並んだその人も同じように携帯を構えだした。


dvc00353.jpg


一瞬、足を止めてしまうほどおおきな月なのに、
携帯に収めた月は頼りなくてちっぽけだった。
隣からも「月の大きさが伝わらないな~」とつぶやく声が聞こえた。


次に私が五円玉を取り出したとき、
今度は真似るそぶりを見せなかった。
何をするのだろうと様子を伺う気配だけが伝わってくる。
かまわず腕をまっすぐ伸ばして五円玉を月にかざした。
いや、正確には五円玉の穴をかざしていたのだけれど。

「ああ、やっぱり、、、」

私の口から思わずため息がもれたとき、
さすがに気になったのだろう、声をかけてきた。

「あのーなにをしてるんですか?」

「・・・視直径ってご存知ですか?」

月から視線を外さずに答える。

「視直径?」

「月や太陽とかの、見かけ上の大きさのことです」

「いや、、」

「あの月、とてもおっきいでしょ?この五円玉の穴に収まると思います?」

「いいえ・・・」

「でも、ホラ」



coin_and_moon.jpg



「わ、ほんとだ!すごい!」

その人はこどもの様に声をあげた。



| 02:31 | trackback 0* | comment 0* |


2008.12.28 [Sun] + Service/Site +
任天堂の伝説の数々

任天堂の神伝説

まずはよく知られている話から。
「任天堂ってやばくね?」ってネット上で話題になったのは
このブログエントリーがきっかけだったと思います。

 >> 任天堂のすごさを垣間見たとき

このエピソードが出るや否や、
様々な場所で「自分もこんな神対応を見た!」という声が続出。
やがて伝説へと・・・。

 >> 「任天堂のちょっと良い話」
 >> 任天堂の神サポート! 伝説のお客さま対応の実態

任天堂伝説としてよく取り上げられる「交通事故」のお話ですが
署名の"横井"さんがゲームボーイの生みの親である横井軍平さんだとしたら、
なんとも切なすぎる。。(略歴の一番最後の行)



伝説を語り継ぐ者たち

神伝説が人々の中をかけめぐる一方、
「これは任天堂社員による風説の流布じゃないか」なんていいだす輩もいるわけで。
明白なソースのない情報に対して慎重な態度を示すのはもっともなんですが、
どやら単なる伝説や言い伝えではなく本当に神対応らしいんですわ。

 >> DS Liteが修理から返って来た
 >> DSが壊れた! その3 ~ 任天堂の修理がマジでものすごい件
 >> DS修理上がりと任天堂伝説
 >> 任天堂の噂は、本当かも知れない

任天堂の対応が人々の胸を打つのは、
ペタペタと貼られた他愛もないシールが、持ち主にとってはいかに大切なものであるか。
そのことを理解して汲み取ってくれたこころの温かさに感動しているわけです。

こどもにとってシールなどでカスタマイズされたゲーム機って
世界でたった一つしかない、自分だけの宝物なんですよね。
たかだかシール一枚、されどとても大切なシール一枚。


昔よくCMで「モノより思い出」というフレーズを耳にしましたが
本当にその通りだと思います。
阪神大震災の被災者が口をそろえていう【一番の後悔】とは、
「思い出のアルバムを置きっぱなしにしてしまい、すべて失ってしまったこと」だそうです。
(もちろん"命あってのものだね"ですよ!)

同じことを、高校のときのスリ被害にあった友人も言っていました。
その子の場合、後ろから迫ってきたバイクにバッグごとひったくられたのですが、、

「今回の件は運が悪かったと思ってあきらめることにした。財布もお金もあんたにくれてやる。でもせめてプリクラ帳と写真だけは返してくれ。それはあんたにとっては何の価値もないもので、でもわたしにとっては本当にかけがえのないものなんだから。どうか道端に捨てていってくれ」と泣きながら何日も周囲の道沿いやゴミ捨て場を見回っていました。

当時、女子高生にとってプリクラ帳やアルバムがどれほど大事なものだったか。
結局出てこなかったんだけどね。



| 16:01 | trackback 0* | comment 0* |


2008.12.21 [Sun] + Days +
勝沼ワイナリー巡業 #6 ~ Dusk and Play

少し風に当たりましょうと外へ出た。


ここ『ぶどうの丘』はその名の通り小高い丘の上に建てられてあり、
眼下に甲府盆地を一望することができる。
初めてこの光景を見たとき盆地とは『すり鉢の底のようなもの』って習ったけど、
ああ本当に平らなんだなと妙に感心したのを覚えている。

山並みを眺めながらおしゃべりをしているうちに
いつの間にやら日の入り時。

色づいてく空と、
伸びる影。
知らずに心がはしゃぎ出す。


20081220161700.jpg

x taken by cellphone.
「あ、ちょっと待って。一枚。ほら笑って!」
「笑顔関係ないやんo



するとまたいつものように
自分の中の小さなこどもが
ふしぎそうな顔して
尋ねてくる。


「ねぇ、どうしてこの影は青色をしているの?
 黒やグレーじゃないの?どうして?x


ええと、、
青はオレンジの補色だっけ?x
それに沈む夕陽と目線の高さが同じくらいなのも関係あるのかな。
霧や靄の発生とか?


うーん、でも今はあの夕焼けに見とれていたいから、
おうちに帰ってから図鑑を見て考えよっか。
なんで?って疑問を持つことも大切だけど、
自然の美しさをありのまま受け入れて感動することも
同じくらい大切なことなのよ。

すると小さなこどもはハーイと答えて姿を消した。


この美しさは思考回路を麻痺させる。
抗わず静かに感動に浸りたい。


あ、でも、と心のなかで付け加える。
いまなら見つけられるね、
ホントは身近にいるシアワセの青い鳥x

手を合わせて鳥をつくる。
てのひらを動かすと、
影絵の青い鳥もゆっくりと羽ばたきだした。



tori_03.jpg



ねぇね見て、とだーさんに話かけようとしたとき、
夕焼けが一層色濃く光るのを見た。



きれい・・・h




| 01:58 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP | next >>


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示