オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2012.08.04 [Sat] + kotomoの中の人 +
日本花火 江戸時代の花火と浮き絵と両国川開き

いかにして火薬が燃焼するだけの化学反応から美をまとった煙火(えんか)芸術へと昇華させていったのか―――。

興味をもってしまったのだからしかたがない。
まずは日本の花火の歴史からお勉強デス。


■ 日本花火の歴史 ~江戸の花火まで


1543年、漂着したポルトガル船より、種子島に鉄砲伝来。鉄砲とともに火薬が日本に伝えられた。日本の花火の歴史はココよりハジマル。

花火そのものが初めて記録に登場するのは、1585年の夏、皆川山城守と佐竹氏が現在の栃木件で対陣したとき、慰みに花火を焼き建てた、と『北条九代記』にて。その後もいくつかの記録に武器としてではない花火の使用を確認することができる。たとえば1581年正月15日には織田信長が祝賀の行事として、安土城下で馬揃えを行い、爆竹(花火の一種)を使用した、等。そして江戸時代になり、1613年に徳川家康が花火上手の唐人が駿府城の二の丸で上げた花火を見物すると、それをきっかけに一気に将軍家や諸大名の間で娯楽としての花火が流行していったという。

ときは3代将軍家光のころ。大和国(奈良県)に弥兵衛という者アリ。もとより三男坊の弥兵衛は五條の火薬工場へと奉公に出ていた。そこで火薬扱いの技術を身に付けた弥兵衛は、吉野川の川原に多く生えている葦の茎に火薬や火薬球をつめ、手持ちの吹き出し花火を考案、「火の花」「花の火」「花火」と称して売り出したところたちまち評判となり飛ぶように売れていったという。そして江戸での花火の流行を聞きつけた弥兵衛は行く先々で花火を売りつつ江戸に出て、1659年、日本橋横山町にて「鍵屋」の看板を掲げた。花火業者の活躍時代のはじまりである。

弥兵衛は上京からほどなく幕府御用達の花火師になったいうのだから大したものである。一躍人気の花火業者となった。以降、日本橋の「鍵屋」はその人気を博したまま代を重ねてゆく。


ryougoku_hanabi_18.jpg



■ 両国川開と「玉屋」「鍵屋」時代の到来


  「花火屋の正一位なり鍵と玉」


1733年、前年の大飢饉とコレラの大流行により大量の死者が出ると、8代将軍吉宗は慰霊、悪疫退散を祈り両国大川(隅田川のこと)の水神祭を催し、それにあわせて大花火が披露された。これがいわゆる両国の川開き――これが隅田川花火大会の発祥といわれている――である。川開きとは納涼期間の始まりの日という意味で、当時は両国川開きが行われた5月28日から3ヶ月間、納涼舟の舟遊びと共に、毎夜さまざまな花火が六代目鍵屋弥兵衛によって打ち上げられたという。

そうして八代目鍵屋のすぐれた番頭であった清七(のちに市兵衛と改名)が独立して「玉屋」を起こし、「鍵屋」と「玉屋」が互いに技を競い合い、趣向を凝らすようになると、いよいよ両国川開きの花火の大盛況はピークをむかえる。いわゆる「玉屋」「鍵屋」時代である。

両者は両国橋をはさんで上流では玉屋が、下流では鍵屋が陣取り、納涼舟や水茶屋の客がこれにお金を払って花火を打ち上げさせたというのだから、花火好き、勝負好きの江戸っ子たちが熱狂しないわけもなく。有名な「たまや~、かぎや~」の掛け声は、観客たちがひいきの花火屋の花火が上がるたびに送られた、声援や歓声のようなもの。「いいぞ玉屋」「まけるな鍵屋」という具合に。


ryougoku_hanabi_19.jpg


しかし、1843年、玉屋から出火。店のみならず、吉川町一帯を半町(約1500坪)ほど類焼させてしまう。当時、失火は重罪であり、また偶然将軍家慶の東照宮参拝出立の前夜であったため、玉屋には財産没収、市兵衛は江戸追放という厳しい処分を受け、玉屋は断絶してしまった。結局一代、玉屋市兵衛30年しか存在せず、川開きで技を競った期間は20年あまりであった。


   *   *   *


なんともあっけない終わりだったものの、当時は鍵屋より玉屋の方が人気があったといいます。「橋の上、玉屋、玉屋の声ばかり、なぜに鍵屋と言わぬ情(じょう=鍵屋の「錠」とかけている)なし」「玉やだと又またぬかすわと鍵や云ひ」などという歌ものこっており。そもそもはいかに熱心な花火研究をつづけていたとはいえ、たかが一番頭が異例中の異例として独立を許され、しかもその独立資金さえ鍵屋から援助を受けていたというのだから、この玉屋市兵衛という人物の才能は推してはかるべし。天才花火師だったそうです。そして鍵屋の懐の大きさもすばらしい。それだけに、この玉屋の没落は残念ですね。


スポンサーサイト

| 23:43 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP |


09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。