オレンジのR+ //
2009.01.11 [Sun] + 伝統/異文化理解 +
京菓子に秘められたこころ

本日は遅ればせながら新年のご挨拶を、とうかがった先で
愛らしい京菓子を頂きました。
やはり上方の御方の御心づくしには風情がありますよね。
丁重なおもてなしを受け、気持ちの良い時間を過ごすことができました。
こころを新たに、これからの一年と向き合っていこうと思います。


さて。
京菓子といえば匠の技の極み、
惚れ惚れするほど華やかで美しい姿をしておりますが
ここに様々な想いが込められている事をご存知ですか?


gensui07.jpg


以前、NHK「プロフェッショナル」や雑誌などで京菓子が取り上げられているのを拝見し、
その奥深さや職人たちの心の有り様に思わずため息がこぼれました。


和菓子と京菓子との違い

そもそも京菓子は他の和菓子とどこが違うのでしょう?

それは、「京菓子は人をもてなすための和菓子だということ」。
「誰かのため」という想いからできているものなんです。

普通の和菓子の場合、
そのお菓子を買った人=食べる人となりますが
京菓子の場合、


 出す側、つまり、お菓子を使う人と
 それを食べる人とが、別なんです。
 両方ないとだめなんです。
 客を迎えてこそ成り立つ、
 もてなしなんです。
 コミュニケーション手段であり、
 相手になにかメッセージを伝えることができるのが
 京菓子なんです。
 (プロフェッショナルより)



つまりお店に来た客は『誰かのために』京菓子を買いに来ている。
そこが決定的に違います。

だから作り手も、出す側のもてなす心が出された側に伝わるようなお菓子をつくる。
わざわざ言葉にせずとも
「ようこそ遠くからいらっしゃいました。」という想いがストーリーで伝わるように、
材料を吟味し、美しく繊細な細工をほどこし、銘(お菓子の名前)を付ける。
そんな想いがこもっているからこそ、
出された側にもその『おもてなし』の心が伝わるのでしょう。


京菓子に季節感を最も重視する理由について、
こうも語っていらっしゃいました。


 春が来た、『スプリング・ハズ・カム』じゃないですか。
 もうすぐ春が来るな、そういう期待感がまずあって。
 そして、盛りがくる。
 そして、終わってから、『今年の春はどうやった』という
 追憶といいますか、その思い出すことまでが、季節なんですよ。
 その間をいわゆる移ろうという姿で、
 お菓子も少しずつ変えていく。
 同じ桜のお菓子でも、最初は白っぽいもの、
 だんだん赤くしてという風にして作るんです。
 (プロフェッショナルより)



そして出されたお菓子をみて、
また季節の話に花を咲かせるのでしょう


どこかで拝見した京菓子職人の方曰く、

「誰かを想い生まれる京菓子。
 その依頼人の思いに沿うよう、
 様々な菓子が作られ依頼人から召し上がる人へ。
 そうした依頼があり京菓子は発展してきたのです」

この言葉にひどく心を打たれたのを覚えています。

私を含め、おそらく関東の人間にとって
京菓子はあまりなじみのあるものではありませんが、
さりげなく日常に取り入れられる様になりたいものですね


器に並べられた、小さな雪ウサギや正月飾り。
そのおもてなしの心に深く感謝しつつ
やさしい気持ちに充たされた一日でした。



| 01:24 | trackback 0* | comment 1* |


2008.12.29 [Mon] + 伝統/異文化理解 +
どーもくんとかっこいい鳥居デザイン

おだやかな午後。
やることもすべて片付きまったり過ごしていると
だーさんからxx


やっと次の予定まで少しだけ時間が空いたんで
逢いにいくから待っててね

すぐにいくからね
ひゃっほー


20081229140201.jpg







・・・「ひゃっほー」?

てかなぜにどーもくん?x





イメージ1:

chasingkitty.jpg


「すぐにいくからね
 ひゃっほー」




イメージ2:

0804141001.jpg


「すぐにいくからね
 ひゃっほー」




イメージ3:

do-mogogo1.gif


「すぐにいくからね
 ひゃっほー」





こ・・・
こわひよ





そんなこんなで(?)みょーなハイテンションメールを頂きまして
よくわからん内にどーもくんとちょとだけお茶することになりましたxxx



20081229153100.jpg


でかシュークリーム食べてご機嫌a




| 17:43 | trackback 0* | comment 0* |


2008.12.17 [Wed] + 伝統/異文化理解 +
伝説の美人芸妓「富田屋八千代」

時は明治、大阪の富田屋に「八千代」という芸妓がいた。
容姿の美しさはもとより、秀でた遊芸とその気品や人柄の良さから一世を風靡し、
日本で一番プロマイドを売り上げた、日本三名妓の一人である。

彼女にねぎらいの言葉をかけられれば松下幸之助の顔はまっ赤になり、
なんども面会を申し込み、五時間も待たされたあげくついに対面を果たした人気漫画家岡本一平(岡本太郎の実父)でさえ、八千代の第一印象について後にこう語っている。


「二重にくびれゐる二重瞼(まぶた)は微紅を帯び、あたかも春花の柔らかく、また温かく、睫毛(まつげ)にそふて香りかかり、乱れかかり・・・描く能(あた)はず」


彼女にまつわる話を聞けば聞くほど、
なんて賢くて人間的魅力にあふれたべっぴんさんなのだろうと感心させられることばかり。



で。

なんとその八千代姉さんが写っている動画を発見してもた!!
ちょおおおおおおおおおおレアではなかろかと�A�b�v���[�h�t�@�C��

この当時、八千代18歳。

The Geisha 100 years ago "YACHIYO" 1904



A Star Geisha 100 years ago.
TONDAYA-YACHIYO(1887-1924)Osak a.Japan



| 16:26 | trackback 0* | comment 0* |


2008.12.15 [Mon] + 伝統/異文化理解 +
芸妓と化粧(けわい)と女の美

「着物」や「色気」、「女の美」と聞いて、
芸妓や花魁を思い浮かべたひとも多いのでは?
そこで、そんな彼女たちの美しさの秘密に着目してみましたz


x 化粧

ところで、「化粧」には読み方が二通りあるってご存知?
【化粧(けしょう)】と【化粧(けわい)】です。

【けしょう】
「けしょう」とは『顔に施すもの』という意味。
部分的・限定的で、いわゆる現代でいう"メイク"に当たるもの。

【けわい】
「けわい」とは、『みだしなみ全般』という意味。
つまり『部分的なものではなく、身体全体の化粧(みだしなみ)』を指し、広義に用いられます。



sakuranchiaki.jpg
Sakuran. II by zemotion


芸妓さんが施しているのは【化粧(けわい)】になります。
以下に紹介するのは、芸妓さんがすっぴんから化粧していく様子を撮影したもの。

12分05秒という長尺ながら最後まで一糸みだれぬ緊張感に、
思わず見入ってしまいました。


素肌に一筆目を置いてから慣れた様子でサッサと塗り広げていく様子や、
ついにはまぶたのキワから唇の細かい縦皴まで塗り込まれた白一色の顔。
あまりにも自分の日常から掛け離れていて、ことばを失います。

しかし、色筆に持ち替えて少しずつパーツが書き足されてゆく内に
あることに気がつきました。


”そっか。
 これは無と再生なんだ。
 血の気が失せた無機物から再び血の通う人間へ。
 彩色は再生の象徴。
 すべての色に赤みが入っているのもそのためなんだ。”


まるで無となり中身を失った身体(から)に、
舞妓の魂が憑依したのかと見紛うほどの美しくみごとな変貌ぶり。
【化粧(けわい)】というより、崇高な宗教儀式を垣間見たような気がして
身震いしました。


Maiko or geisha putting on face make-up in Kyoto





| 00:44 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP | next >>


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示