オレンジのR+ //
--.--.-- [--] + スポンサー広告 +
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


// no tags

| --:-- |


2013.03.06 [Wed] + Art/Design +
ラファエロ展 @国立西洋美術館

入り口をはいってすぐ、そこに彼がいた。

「若く、非常に慎ましやかな外見で、頭に黒いベレー帽を被った感じの良い、好ましい優美さを備えている」ーーその記述どおりの、もっとも知られている彼の "顔" 。


Raphael_Selfportrait.png
ラファエロ・サンツィオ 《自画像》 1504-1505


ラファエロ・サンツィオ。レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロと並ぶ盛期ルネサンスの三大巨匠の一人。ラファエロの描く聖母子が好きでこれまでにも国内外でそれなりに作品をみてきたつもりだが、そんなわたしからこの絵をみてこぼれた一言めは「なんだかラファエロっぽくないなあ」。写真とかでみた印象とは違うってことかな……(じっと見て)やっぱり、ちがう。表情や雰囲気、それらはたしかにラファエロらしい作品なんだけど、なんだろう、んん、、


ラファエロ作品はざっくりと3つに大別できる。ウルビーノ公国の宮廷画家であり詩人でもあった父やウンブリア派の画家ペルジーノからの影響が伺えるペルージャでの修行時代、レオナルドやミケランジェロと出会い、切磋琢磨したフィレンツェ滞在時代、教皇の命を受け居を移しフレスコ画装飾に従事しはじめたローマ時代。

時期からすると、この絵はフィレンツェに来てまもなくの作品である。らしくない、と感じさせるのはなんなのか。言葉にできないざわつきを抱えたまま、ひとまず先へ。



     *     *    *



この展覧会は前述した3つの区分がそのまま章となり構成されている。

 第1章 画家への一歩
 第2章 フィレンツェのラファエロ ーレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとの出会い
 第3章 ローマのラファエロ ―教皇をとりこにした美
 第4章 ラファエロの継承者たち




まず登場したのは、画家としてラファエロの名前が初めて契約書に表れた1500年制作の祭壇画。


Raffaello_God_the_Father_and_the_Virgin_Mary.png
ラファエロ・サンツィオ 《父なる神、聖母マリア》 1500-1501


Angelo_Raffaello.jpg
ラファエロ・サンツィオ 《天使》 1501


そばには師としてラファエロに当時おおきな影響与えたペルジーノの作品も並べられていた。


perugino_santa_giustina.jpg
ペルジーノ 《聖ユスティナ》 1495-1498


が、そもそも大きな影響を与えていただの、ラファエロの作品にはペルジーノの作風が見られるだのいわれても、そもそもペルジーノを知らないんですが(kotomoにはよくあること)。 正直《聖ユスティナ》をみてもピンとこなかったし、、



-----------ってなことで以下はメモ書き-----------


■ ペルジーノ Perugino
1450-1524 | イタリア | ルネサンス フィレンツェ派

15世紀に活躍したウンブリアを代表する画家。本名ピエトロ・ヴァンヌッチ。フィレンツェ派の写実性とウンブリア派に見られる情緒豊かな表現によって優雅でありながら、曖昧さも残す甘美な独自の様式を確立。弟子であるルネサンス三大巨匠のひとりラファエロの作風に大きな影響を与えたが、自身もラファエロから刺激と影響を受ける。


Ritratto_di_giovinettouffizi.jpg
ペルジーノ 《少年の肖像》 1495


cristo_in_pieta.jpg
ペルジーノ 《石棺の上のキリスト》 1495


madoona_col_bambino_angeli_e_membri_dell.jpg
ペルジーノ 《慰めの聖母》 1496-1498


vaticanomadonna_col_bambino_con_quatro.jpg
ペルジーノ 《ピエタのキリスト》


《ピエタのキリスト》はペルージャの宮殿礼拝堂に掲げられていた祭壇画の一部で、その中央部分はナポレオンによってパリに持ち去らたのだが、その際ペルージャ市民のために画家ドメニコ・ガルビによる模写が作成されていた。(のちに本物はイタリアに返還され、ヴァチカン宮殿に納められ現在はヴァチカン絵画館に所蔵されている)


copy_madonna_col_bambino_e_saintidomenico.jpg
画家ドメニコ・ガルビによる《ピエタのキリスト》の模写


比べると一目瞭然。写実的でありながら、柔らかで量感あふれる表現に長けていたようだ。その腕前は「神のごとき画家」と賞賛され、当時イタリア中から注文が殺到した。あのボッティチェッリらと一緒にシスティーナ礼拝堂の壁画装飾にも携わった。


-----------メモ書きここまで-----------


とすると、ラファエロがペルジーノからどのような表現様式を受け継いだのかなんとなく見えてくる。ラファエロらしい優美さの礎はここで築かれたのだろう。



スポンサーサイト

| 16:16 | trackback 0* | comment 0* |


2012.07.19 [Thu] + Art/Design +
「聖母の画家」ラファエロとマリアたち

ラファエロ・サンツィオ Raffaello Sanzio
1483-1520 | イタリア | 盛期ルネサンス

220px-Sanzio_00.jpg

イタリアのウルビーノ地区に生を受けた、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロと並ぶ盛期ルネサンスの三大巨匠の一人。聖母マリアと幼子イエスを描いた作品が有名。ラファエロはレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロとはやや歳が離れており、この二人や師ペルジーノから多くを学び、その結果、盛期ルネサンスの集大成とも呼べる絵画作品の傑作を数々描いている。またペルージアでの修行時代から画家としての才能は飛び抜けており、若くして独立し芸術の都フィレンツェでの有意義な滞在を送った後、25歳から死去する37歳まで、教皇ユリウス2世からローマに呼ばれ、ヴァチカンの宮廷画家として栄華を極めた。

[salvastyle.com - ラファエロ・サンツィオ Raffaello Sanzio]


若いころからその絵の才能を惜しみなく発揮していたラファエロ。ミケランジェロが偉大な改革者であるならば、ラファエロはそれまでの芸術手法を統合、洗練し、優雅な様式を確立した、総合芸術の天才。その才能はたちまちの内に評判を呼び、称賛され模倣されつづけた。


220px-Raphael_colonna_01.jpg

十代はじめの頃に描いたとされる自画像。1490年代の作品。すでにラファエロらしい優美な曲線を見ることができる。



繊細な美しい描写で聖母を多く描いたことから「聖母の画家」としても知られているラファエロ。特にラファエロの描く光の輪と聖母のまなざしが好き。その伏せた瞼からは慈しみと深い愛情があふれ出ているかのよう。

実はラファエロはわずか8歳のときに最愛の母を、その3年後の11歳のときには父までも亡くしている。聖母といえば永遠の処女性を持つ存在であるにもかかわらず、彼の描くマリアににじみ出る母性を感じるのは、もしかしたら幼くして失った母のぬくもりや面影を聖母に重ねて描いたからかもしれない。どこかその表情に穏やかな静けさをまとうのも、また。


0811_360796.jpg
<ベルヴェデーレの聖母(牧場の聖母)> 1506年

312px-Raphael_Madonna_dell_Granduca.jpg
<大公の聖母> 1504年

Raffaello_The_Holy_Family_(detail).jpg
<聖家族> (detail) 1518年


わたしにとっては『瞼を伏せたマリア=ラファエロ』なのだ。




| 22:02 | trackback 0* | comment 0* |


2009.05.30 [Sat] + Art/Design +
ラファエロ作「システィーナのマドンナ」と天使

世界広しといえど、天使を毛嫌いする人間などそうはいるだろうか(いや、おるまい 【反語】)。まして話がことちいさな天使とくれば、誰しも目を細めずにはいられないじゃないかな。

多分にもれず私も昔からずっと天使が好きだった。小学生のとき駅で一目惚れした天使のポスターを頼んでもらって以来、天使の可愛らしさにすっかり惚れ込んでしまった私。一時は天使グッズ集めを趣味にしてたっけ。

だからあの有名な天使の絵の本物があると聞いたとき、その街が多少遠かろうがためらうはずもなかった。だってその天使たちはあの頃の時計の文字盤や線引きや下敷きから、いつも私のことを見上げていたんだもの!


きっと誰もが一度は目にしたことがあるはず。
この、世界中で愛されている愛らしい天使たちのことを。



20090529201604.jpg



そう、実はこの天使に会いに行ったの(*´∇`)x
これがラファエロが描いてたってことも、実は『システィーナのマドンナ』という作品の一部分でしかないってことも、みんな知らなかったでしょ?私は知らんかった(゚m゚*)プッ



| 07:41 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP |


04 ≪│2017/03│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。