オレンジのR+ //
2009.02.03 [Tue] + Art/Design +
レオナール・フジタと猫

うわあああ行きたかったー!!と悶絶したのがコチラ、『レオナール・フジタ展』
上野での開催は終了したけどまだしばらく各地をまわっているようなので
予定を合わせて乗り込もうかな。。


fujita.jpg


はじめてフジタを見たとき
まずはあふれでる個性に目を奪われ、
つぎにフジタが好んで描いた猫の絵に魅了され、
もう一度フジタ自身に歩み寄ろうと近づいたら、どうしようもなく惹かれてしまった。

フジタの描く猫が好き。



1160113554_1_3.jpg
「猫と提灯」


fa0113s.jpg
「猫を抱く少女」



藤田嗣治(レオナール・フジタ)

画家。(1886-1968)、東京生まれ。、東京美術学校卒。現在においても、フランスパリにおいて最も有名な日本人画家であり、明治以降の日本人芸術家で藤田嗣治ほどの成功を海外で収めたものは他にいない。裸婦像や猫の画が有名。
いとこに、芦原義信、岡田八千代。小山内薫も親戚にあたる。

1913年にフランスに渡り、画家として成功。藤田はそのFoujitaという名から「FouFou(フランス語でお調子者)」と呼ばれ、フランスでは知らぬものはいないほどの人気を得ていた。1925年にはベルギーのレオポルド勲章、フランス政府からはレジオン・ドヌール勲章を贈られた。

1935年には、「現代日本」という海外向けの日本紹介映画を協同監督するが、藤田監督部分が「先進国としての日本を十分現せていない国辱的描写である」と酷評され、結局、海外に輸出されなかった。

戦時中日本に戻っていた藤田には、陸軍報道部から戦争記録画(戦争画)を描くように要請があった。国民を鼓舞するために大きなキャンバスに写実的な絵を、と求められて描き上げた絵は戦場の残酷さ、凄惨、混乱を映しており一般に求められた戦争画の枠には当てはまらないものだった。

戦後になり、日本美術会などにより半ば生贄に近い形で戦争協力の罪を非難された彼は、渡仏の許可が得られると「日本画壇は早く国際水準に到達して下さい」との言葉を残して、1949年、パリへ向かい二度と日本には戻らなかった。その際、「私が日本を捨てたのではない。日本に捨てられたのだ」と言っている。

1955年にはフランス国籍を取得しカトリックの洗礼を受けてレオナール・フジタと改名。



展覧会のみどころエッセイの卵さんのページを見るにつけ、
いかにフジタの人生がドラマティックなものだったのか知るとともに
その表現の幅の広さ、豊かさには驚かされます。

先日訪れた『セザンヌ主義』ですでにフジタの人物画とは対面を済ませていたんだけれど
こうして改めて数々の作品を見れば、やはりもう一度会ってみたいと思ってしまう。
熱狂的なファンをもうならせる今回の内容やボリュームといい、こんな機会は二度とないだろし、、



| 16:54 | trackback 0* | comment 0* |


2008.12.06 [Sat] + Fun/Playing +
幸せを呼ぶバブルリングとの戯れ

もし一日だけ世界に魔法をかけられるとしたらどうする?って聞かれて
「しゃべったことばがバブルリングになっちゃう魔法がいい」と答えた。

ちゃんと声は音として相手に届くんだけど、
口から飛び出したことばもバブルリングになって空にのぼっていくの。
その輪っかをくぐったりつっついて広げたりパクって食べてみたり・・・
知ってる?バブルリングを見た人は幸せになるって言われてるんだよh
ケンカしてる恋人たちも泣いている赤ちゃんも
自分から出たバブルリングを見ている内に、みんな笑顔になっちゃうかも!、、、


そしたらその子が指をパチンと鳴らして
「いま魔法をかけたよ」って言ったの。
「うそだあ!!」って声をあげて笑ったわたしの口からは
きれいなバブルリングが1つ・・・2つ・・・3つ・・・アップロードファイル


lordrings1.jpeg


ええ、うたた寝しながら見た夢のはなしです。
たぶん直前にこの動画を見ていたせい。


a バブルリングで遊ぶイルカ



かわいいね、
なごむわー (*′∇`) ホワワンアップロードファイル

めっちゃバブルリング作るの上手だし!!
クイッて首を上げながらぷくーって吐くところがかわゆい。

個人的には、バブルリングをパクッて食べるところと、
00:45~あたりで体をひねりながら渦を作って、
リングを揺らしながら割るところが好きーh


| 02:05 | trackback 0* | comment 0* |


2008.11.01 [Sat] + Days +
ハロウィン??

ゴハンを食べに行ったら
街中はあいかわらずカオス。

かぼちゃや魔女っこや天使や
ポケモンやオバマやブッシュや・・・

どっかのニュースキャスターも言ってたけれど
日本でもだいぶ『ハロウィン』が定着してきたよね。


そもそもハロウィンって何?って話。

ものすごーくおおざっぱにいえば
10月31日の夜にはこの世と霊界とを隔てている「門」が開いて
死者の霊や精霊や魔女たちがこっちにやってきて家々を訪ねてくるので、
身を守る為に仮面をかぶったり
魔除けの焚き火(ランタンのキャンドル)を焚いたり
お菓子をあげてお帰りねがおーぜc、ちゅーことらしい。


 >> ハロウィン - wikipedia


ま、一部の地域をのぞいてかなりイベント化している習慣なので
仮装しながらたのしくワイワイ騒いだらいんじゃないかと。
これからますますみんな仮装に凝るようになるのかにゃー。

人間たちはもちろん、
こんな子たちまで・・・( *´艸`)o


halloween_pets_01.jpg


| 02:29 | trackback 0* | comment 0* |


2008.07.04 [Fri] + Animal +
シアワセを運ぶわんちゃん、『ハートくん』の現在

なんとも和む記事のお礼にと私が友だちに教えたのは
以前紹介した、『世界一かわいいパピー♪』ことハートくん。

080131-2-thumb.jpg


その後ぐうぜんテレビで見かける機会があり、ハート君の成長ブログの存在を知りました。

当時はまだまだあどけなさの残る子犬でしたが、
無事一歳の誕生日を迎え、今ではすっかり一人前といった様子。


080520-1-thumb.jpg
一歳のBIRTHDAY。
トレードマークのハートがくっきりheart

080617-thumb.jpg
そして現在のハート君。
もう大人の顔つきです。


現在はイベントにお呼ばれしたり訪問の依頼が殺到したりと
皆にシアワセな気分を運ぶ為に多忙な日々を送っているそう。
特に子供たちと会える幼稚園訪問が大好きなんだって!
子供たちにとってもずっと心に残るステキな思い出になるんだろうな��

ハートくん:
2007年5月18日に秋田県大館市で生まれたハート柄の模様を持った幸運を運ぶワンちゃん。
見る人の心を躍らせ、誰もを幸せな気持ちにさせてしまう不思議なワンちゃんです。
ハート君に接した人には不思議と幸運が訪れるといわれています。
ハート君は世界中の人々に幸運を運びます。



| 15:03 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP | next >>


04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示