オレンジのR+ //
2009.04.19 [Sun] + language +
バラは紅くて きみは甘い

ところで、達郎さんライブではお決まりとしてひとりアカペラのコーナーがある。今回は『バラ色の人生~ラヴィアンローズ』→『Chapel Of Dreams』→『Have Yourself A Little Merry Christmas』→『We Wish You A Merry Christmas(さらにここからクリスマス・イブへつながってゆく)』だったんだけど、『バラ色の人生~ラヴィアンローズ』に思わず脊髄で反応してしまった。

・・・これ、元になってる詩があったよね?なんだっけ。知ってる?

隣のひとにそっと耳打ちしても、何だかいまいちピンと来てないご様子。

人生はバラ色 ――― 薔薇は赤で、青は・・・何だっけ?

思い出す間もなく、すぐにこころは会場中に響きわたるアカペラの虜になっていた。


それが何だったのか脈絡なく思い出したのは、後日友達とゴハンしていたときのことだった。〆を鮭茶漬けか親子丼にするか迷っていたとき、ふと頭に浮かんだのだ。結局、〆は生しらすの釜揚げうどんにしておいたんだけど。



■ Roses are red

「バラ色の人生~ラヴィアンローズ」ときいて思い出したのは、ラヴィアンローズとは無関係の一遍のマザーグースの詩だった。


  Roses are red,
  Violets are blue,
  Sugar is sweet;
  And so are you.

  ばらは あかくて
  すみれは あおい
  おさとうは あまくて
  あなたは すてき



Roses_are_reds.jpg
illustrated by William Wallace Denslow
from a 1901 edition of Mother Goose



| 13:50 | trackback 0* | comment 0* |


2009.03.20 [Fri] + Days +
花起こしの雨

春分の日の今日、
あたたかな雨が降りました。

この時季に降る雨のことを
“花起こしの雨”と呼ぶそうです。
いかにも日本的情緒のある、素敵な言葉ですよね。

そう呼ばれるのは、
桜が咲く直前に降る雨が
恵みの雨として開花を促進するためだそうです。

ただ、週明けからはまた少し気温が下がるようで、
"花起こし"ならぬ"花眠らせ"の雨かもしれませんね、と
キャスターがコメントしていました。


とうの昔に満開を迎えている近所の桜にとって
"花散らしの雨"にならなければ良いけれど・・・。



| 19:33 | trackback 0* | comment 0* |


2009.03.10 [Tue] + コトノハ +
"Present"をプレゼント

恋人からプレゼントをもらった

前々から
"驚かせたくてあるものをオーダーしているんやけど、
完全にオリジナルやから時間がかかって
誕生日には間に合わないみたい。ごめんな。"
そう言われていた誕生日プレゼント。
ドキドキしながら箱のフタを開けてみると、、、

それはまさに最高の"Present"だった。
数日前に友達と交わした会話がよみがえってくる。



-------- キ --- リ --- ト --- リ --------



過去は"Past"、
未来は"Future"。
じゃあ現在は?

――― "Present"。

"Present(プレゼント)"という言葉には
【現在、今】という意味もあるんだよね。

授業で初めてそう習ったとき、
なんで"現在のことをプレゼントっていうんだろ"って思ったっけ。



ある時、
こんな言葉と出会った。


The past is history,
the future is a mystery,
and this moment is a gift.
That is why this moment is called 'the present'.

過去は歴史であり、未来は神秘だ。
そしてこの瞬間は神様からの贈り物である。
だから今この瞬間のことを、"プレゼント"と呼ぶのだ。



神様からのプレゼントである「今」という時は
性別や年齢や貧富に関係なく、すべての人に等しく与えられている。
だからこそこの一瞬、一瞬を大切に生きていこうってオハナシ。


・・・なんか遠いむかしに流行った
時間銀行のチェーンメールを思い出すなぁ。




| 00:50 | trackback 0* | comment 0* |


2009.02.08 [Sun] + コトノハ +
雪裏清香と春の花

ぐっと寒さもやわらいで
日差しもあたたかくなってきましたね。
梅も見頃を迎えているようです


umetoyukis.jpg
碧紅 by yonezawa_shinichi

【雪裏清香】せつりせいこう

梅の異名。雪の中にほのかなにおいを漂わせる意。
梅は百花にさきがけて雪をしのいで咲くのでいう。
「雪裏」は雪が降っている中、また、雪の積もっている中。



梅の花の正式な和名をご存知ですか?
春告草(はるつげぐさ)と言うんですよ。
中国から渡ってきたときにつけられたそうです。

最も寒さの厳しい季節に花を咲かせる梅の花。
枝に雪がかかろうとひるむことなく凛と咲き誇る姿は
私の好きな寒椿に通づるものであり、
内に秘めた強さや情熱を感じさせてくれます



| 17:30 | trackback 0* | comment 0* |


| TOP | next >>


05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



Author:kotomo

【twitter】 _kotomo
【tumblr】 kotomo note*モバイル版


  *   *   *


             >> more?
track feed track feed ??????????

kotomo < > Reload

全タイトルを表示